絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

おもわず走り出したくなる!疾走感あふれる運動会がテーマのおすすめ絵本9選

おもわず走り出したくなる!疾走感あふれる運動会がテーマのおすすめ絵本9選

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、運動会のおすすめ絵本のご紹介です。

運動会がテーマと、ひとくちに言ってもさまざま。
おなじ運動会を描いた絵本でも、ほんとたくさんあるんです。

シンプルなものから個性的な運動会まで多種多様。
人、動物、虫と、絵本のなかではいろんな運動会が開催されていますからね。

それでは「よーいどん!」
おもわず走り出したくなるような絵本ばかりを集めてみました!

絵本も楽しい運動会

運動会といえば「秋」の風物詩。
だけど最近では「春」に運動会をするところも増えてきましたね。

絵本でもロングセラーも含め、まだまだ秋の運動会が多いです。
これから発売される運動会の絵本は、春らしくなっていくんでしょうか。

そんな楽しい運動会。
紅白に分かれて、かけっこ、玉入れ、つな引き、リレー。

勝っても負けても、みんなで笑って楽しめる、思い出に残る運動会がいいですね。

運動会で走る子どもたち

運動会がテーマのおすすめ絵本9選

絵本ソムリエのニコパパが、運動会がテーマのおすすめ絵本を9冊選んでみました!
だいたい1歳から5歳くらいの子どもが楽しめるようなラインナップになっています。

それでは、年齢順にご紹介していきますね。

ようい どん

対象年齢:1歳から

著者:渡辺 茂男/作 大友 康夫/絵
出版社:福音館書店
出版年:1986年9月
ページ数:24ページ

まずはじめは「くまくんの絵本」シリーズのなかの1冊。
運動会をテーマにした、とってもかわいらしい絵本です。

「ようい どん!」と、 くまくんは障害物競走にいどみます。
平均台、鉄棒、跳び箱と、挑戦しては失敗ばかり。

だけど、落ち込むどころか、くまくんの表情はとっても楽しそう!

「上手にできることより楽しむことが大切」
そんなメッセージを届けてくれるような、やさしい作品。

赤ちゃん向けのシンプルな運動会絵本です。

ジャッキーのうんどうかい

対象年齢:2歳から

著者:あいはら ひろゆき/作 あだち なみ/絵
出版社:ブロンズ新社
出版年:2006年8月
ページ数:36ページ

「くまのがっこう」シリーズ第6弾。
今回の舞台は運動会です。

12兄弟の末っ子、いちばん小さなジャッキーが奮闘します!
大きなお兄ちゃんたちに勝ちたくて、かけっこの猛練習。

努力のかいもあって、ジャッキーが1等賞かと思いきや……

最後はジャッキーと、みんなで一緒にゴール!
やさしいお兄ちゃんたちの家族愛も感じられる素敵な1冊。

「運動会にむけてがんばろう!」
そんな気持ちになれる絵本です。

むしたちのうんどうかい

対象年齢:3歳から

著者:得田 之久/作 久住 卓也/絵
出版社:童心社
出版年:2001年9月
ページ数:32ページ

林のなかで開催される、虫たち運動会を描いた絵本です。

デフォルメされた可愛らしいトンボにバッタ、カブトムシ。
大小、さまざまな虫たちが所狭しと動きまわります。

それぞれが得意なこと、自分の長所を活かして楽しんでいます。
あんまり楽しそうだから、一緒に参加したくなっちゃいますよ!

どのページも、虫、むし、ムシで迫力満点!
虫に興味がでてきた子どもに読み聞かせてあげてほしい1冊です。

よーいどん!

対象年齢:3歳から

著者:中川 ひろたか/作 村上 康成/絵
出版社:童心社
出版年:1998年8月
ページ数:32ページ

「ピーマン村の絵本」シリーズの1冊。
ピーマン村は運動会の季節です。

スタートの合図は、よーい……「うどん!」
いきなりのダジャレにおもわずクスッとなっちゃう。

そのあともテンポよくでてくるダジャレに、なんだか力が抜けてしまいます。

子どもたちが走って、泳いで、跳んで、借りて。
一生懸命、元気にゴールを目指します。

ついつい笑顔にこぼれる楽しい1冊です。

こぶたのブルトン あきは うんどうかい

対象年齢:4歳から

著者:中川 ひろたか/作 市居 みか/絵
出版社:アリス館
出版年:2006年9月
ページ数:32ページ

おすすめ運動会絵本の5冊目は、こぶたのブルトンシリーズ第4弾。
こちらも中川ひろたかさんの作品です。

動物たちの運動会、のなかに……だるまがひとり。
ツッコミどころ満載の珍妙な運動会。

ズルあり、オナラあり。
やりたい放題、もう、はちゃめちゃです!

主人公のブルトンは運動が苦手なので、同じように運動が苦手な子どもは共感できるかもしれませんね。

とんぼの うんどうかい

対象年齢:4歳から

著者:かこ さとし/作
出版社:偕成社
出版年:1972年12月
ページ数:32ページ

運動会の帰り道、ギャングこうもりに襲われたとんぼの子どもたち。
運動会で得た知恵と勇気をふるい、見事こうもりをやっつけます。

前半は、ほのぼのとした赤とんぼたちの運動会ではじまり。
後半は突然現れたギャングこうもりによって、ちょっぴりハラハラする展開に。

「泣いていたって仕方がない」
「自分たちに何ができるかを考えて行動しよう」

そんなメッセージを伝えてくれる、秋の読み聞かせにもぴったりな1冊。
運動会のシーズンになると読み返したくなるロングセラー絵本です。

よーい、ドン!

対象年齢:4歳から

著者:中垣 ゆたか/作
出版社:はるぷ出版
出版年:2013年9月
ページ数:32ページ

どこもかしこも人、人、人!
絵本を埋めつくすほど、たっくさんの人が登場する愉快な運動会です。

一体この1冊のなかに、どれだけの登場人物がいるんだろうか気になるところ。

ウォーリーを探せ的な感じで、絵探し絵本としても楽しめます。
その細かい描き込みは、いつまで見ていても飽きませんよ。

障害物競走、パン食い競争にムカデ競走、大玉転がしなどなど……
みんなで走って、のぼって、転がして、ダンスをして。

とってもにぎやかな大運動会の絵本です。

10ぴきのかえるのうんどうかい

対象年齢:5歳から

著者:間所 ひさこ/作 仲川 道子/絵
出版社:PHP研究所
出版年:1999年9月
ページ数:38ページ

「10ぴきのかえる」シリーズ第9弾。
ひょうたん沼のかえるたちの運動会です。

みんなは大はりきりで運動会に挑んでいると、そこに真っ黒くろの雲が。
ぐんぐん近づいてきて……突然の竜巻に、運動会はめちゃくちゃに。

さらに、沼1番の年寄りカエルがトロフィーと一緒に風に飛ばされたから、さあ大変!
楽しい運動会から一転、年寄りがえるを探しにいく冒険がはじまります。

「運動会が悪天候で中止になっちゃった……」
そんな日に、落ち込んでいる子どもに読み聞かせてあげたい1冊です。

さかさことばで うんどうかい

対象年齢:5歳から

著者:西村 敏雄/作
出版社:福音館書店
出版年:2015年6月
ページ数:32ページ

ラスト9冊目のご紹介は、個性的で愉快な運動会絵本です。

上から読んでも下から読んでも同じになる「回文」
そんな回文だけで1冊描いちゃいました。

どのページをひらいても、もう回文だらけ。
さかさことばで繰り広げる動物たちの運動会です。

さらに選手である動物たちの、とぼけた表情がまたいい!

文章だけでもイラストだけでも愉快な作品。
それが一緒に読めるんだから、おもしろくないはずがない!

上から下から、何度も読み返したくなる、あそび心満載の1冊です。

おわりに

以上、9冊の運動会絵本をご紹介しました。

どうですか?
なんだか走りだしたくなりませんか?

躍動感に溢れる絵本を読んでいると、つい体を動かしたくなりますから。
読む人の心を動かす作品に出会えるのって素敵なことですね。

以上、おもわず走り出したくなる!疾走感あふれる運動会がテーマのおすすめ絵本9選のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く