絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

迫力いっぱい! にぎやかな虫たちの愉快な絵本『むしたちのうんどうかい 』

絵本「むしたちのうんどうかい」の表紙

出典:得田 之久,久住 卓也『むしたちのうんどうかい』/童心社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『むしたちのうんどうかい』のご紹介です。

林のなかで開催される、虫たち運動会。
トンボにバッタ、カブトムシ。

大小、さまざまな虫たちが所狭しと動きまわります。
どのページも、虫、むし、ムシで迫力満点!

虫に興味がでてきた子どもに読み聞かせてあげてほしい1冊。
さあ、「むしたちのうんどうかい」がはじまります!

絵本『むしたちのうんどうかい』の情報

著者:得田 之久/作 久住 卓也/絵
出版社:童心社
出版年:2001年9月
ページ数:32ページ
対象年齢:3歳から

『むしたちのうんどうかい』のあらすじ

今日は林のなかの広場で、虫たちの運動会。

トノサマバッタの園長先生のあいさつでスタートです。
「さぁ、みなさん! うんどうかいを はじめましょう」

まずはあか組、しろ組、両者の応援合戦。
そして最初の競技は、はしりっこ競争です。

よーい「ブー!」
スタートの合図はミイデラゴミムシのおなら。

走る走る、コオロギ、、ガガンボ、フンコロガシ。
1等賞はキリギリス!

お次は、とびっこ競争。

飛ぶよ飛ぶよ、オニヤンマ、ギンヤンマ、ハチにバッタ。
先にゴールしたのは誰かな?

玉の代わりにダンゴムシで玉入れ。
お昼の休憩をはさんだら、蝶々たちの華麗なダンス。

さあ、最後は綱引き。
リーダーは、力自慢のカブトムシとクワガタムシです。

だけど勝負は均衡を保ったまま、なかなか決着がつきません。
するとそのとき、カミキリムシが力みすぎて……

絵本「むしたちのうんどうかい」の中身その1出典:得田 之久,久住 卓也『むしたちのうんどうかい』/童心社

絵本『むしたちのうんどうかい』の内容と感想

虫たちの愉快な運動会を描いた絵本。
デフォルメされた可愛らしい虫たちがたっくさん登場しますよ。

迫力いっぱいに走って飛んで、動きまわる!
ワイワイガヤガヤと、にぎやかな音が聞こえてきそうな楽し気な1冊です。

あか組の応援団はクツワムシ、キリギリスにコオロギ、スズムシ。
対するしろ組はツクツクホーシ、ヒグラシにアブラゼミ、ミンミンゼミ。

みんな鳴き声の大きい虫たちばかりで、すごい盛りあがりそうですね!

競争競技では、動きの速い虫もいれば、チョウチョウみたいにひらひらといつまでもゴールにたどり着かなかったり。

玉入れではダンゴムシが玉の役。
背の高い虫たちが活躍したり、小さなアリもせっせと玉を運んだり。

締めの綱引きでは、力持ちの昆虫たちの見せ場です。

みんなが自分らしさを持ったまま運動会に参加している。
それぞれが得意なこと、自分の長所を活かして楽しんでいる。

あんまり楽しそうだから、一緒に参加したくなっちゃいますね!

子どもが虫の名前を覚えたりすのにもおすすめの1冊。
虫に興味がでてきたころに、読み聞かせてあげてほしい絵本です。

受賞歴
・全国学校図書館協議会選定図書

続編・シリーズ作品
【「むしたち」シリーズ】

  1. むしたちのうんどうかい(2001年9月)
  2. むしたちのおんがくかい(2003年9月)
  3. むしたちのおまつり(2005年5月)
  4. むしたちのえんそく(2007年5月)
  5. たちのかくれんぼ(2009年4月)
  6. むしたちのサーカス(2012年10月)
絵本「むしたちのうんどうかい」の中身その2出典:得田 之久,久住 卓也『むしたちのうんどうかい』/童心社

むしたちとうんどうかい

もしもぼくたちが、虫と同じサイズになって一緒に運動会をしたら楽しそう!
人組みと、虫組みにわかれて対決したりしてさ。

だけどきっと虫たちには全然かなわないだろうな。
だって虫って、小さいのにみんなすごいだから。

カブトムシは自分の体重の20倍の重さを持ち上げられるし。
バッタだって、1メートルもジャンプできるだよ。

あの小さな身体のどこに、そんな力が隠れているのか不思議です。
だからさ、単純な能力比べじゃ虫組の圧勝で終わっちゃうよね。

だけど虫には虫の良さがあるみたいに、人には人の良さがある。
『むしたちのうんどうかい』が、それぞれの持ち味を活かしていたようにさ。

ぼくたち人間だって、ぜんぜん負けてない!
物をつくったり、使ったり、考えて工夫することができるんだから。

今あるものを活かすか。
自分のできることは何かを考えつづけること。

足りないものをなげいていたって仕方がないもんね。

以上、迫力いっぱい! にぎやかな虫たちの愉快な絵本『むしたちのうんどうかい 』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く