絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

「自分」を知る成長の物語 奥深いストーリーのロングセラー絵本『スイミー』

2017年2月9日

絵本「スイミー」の表紙

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし』のご紹介です。

世界中で愛されているレオ・レオニの代表作。
小さいけれど、勇敢でかしこい魚のお話。

小学校の国語の教科書で記憶にある人も多いのではないでしょうか。

素敵な水彩の絵と、多くの学びがあるストーリー。
読む人によって違った感じ方ができる魅力のある絵本。

ぜひ大人になったからこそ手にとってほしい1冊です。

絵本の情報

原題:swimmy
著者:レオ・レオニ/作 谷川 俊太郎/訳
出版社:好学社
出版年:1969年4月
ページ数:32ページ
対象年齢:4歳から

あらすじ

みんな赤い色をした、小さい魚の兄弟たちがいました。
そのなかに1ぴきだけ、カラス貝よりも真っ黒で、誰よりも早く泳げるスイミー。

スイミーと兄弟たちは楽しく暮らしていました。
ところがある日、大きなマグロがミサイルみたいに突っ込んできて、小さな赤い魚たちを1ぴき残らず飲み込んだ。

逃げられたのはスイミーだけ。

ひとりぼっちになってしまったスイミーは暗い海の底を泳ぎました。
怖くてもさみしくても、悲しくても。

だけどつらいことばかりではありません。

虹色のゼリーのようなくらげ。
水中ブルドーザーみたいな伊勢えび。

すばらしいもの、おもしろいものを見るたびにスイミーはだんだん元気になりました。

あるとき、岩陰にスイミーの兄弟たちとそっくりの赤い魚たちをみつけます。
スイミーは出てきてみんなで遊ぼうと声をかけます。

「だめだよ」
大きな魚に食べられてしまうことを恐れて出てこようとしない魚たち。

何かいい方法はないかとスイミーは考えます。うんと考えます。

「そうだ!」
スイミーはみんなで一緒による泳いで大きな魚のふりをすることを思いつきました。

さて、スイミーの作戦はうまくいくのでしょうか?

絵本「スイミー」の中身その1

内容と感想

教科書にも載っている有名な絵本である『スイミー』
みんなで協力して大きな魚たちを追い出すことに成功します。

けっして離ればなれにならないこと。
みんな持ち場を守ること。

絵本をとおしてして力を合わせることの大切さを教えてくれます。
だからといって、みんなで力を合わせれば大丈夫、といった単純な話でもないんですね。

いきなり仲間の魚たちが大きなマグロに食べられてしまったり。
ひとりぼっちで広大な海をひたすらさまよったり。

世の中の理不尽や、ひとりぼっちのさみしさ。
広い世界に触れ、旅のなかで「自分」というものを知っていく成長の物語でもあります。

「ぼくが、めに なろう」
1ぴきだけ真っ黒なスイミーが提案するシーン。

「人と違うことは恥ずかしいことなんかじゃない」
「人それぞれに役割がある」

そんなメッセージが伝わってきます。

場面によって技法を使い分けて描いている、美しい水彩の絵が印象的。
なんと赤い魚はゴム印を押して描かれているらしいですね。

世界中の子どもたちに読み継がれるロングセラー。
みんなに大人気の、美しく奥深い絵本です。

受賞歴

  • サンケイ児童出版文化賞
  • 第1回BIB世界絵本原画展ゴールデン・アップル賞
  • 日本図書館協会選定
  • 厚生省中央児童福祉審議会推薦

絵本「スイミー」の中身その2

「スイミー」という生き方

スイミーはどんな気持ちだったんだろう。
ずっと一緒に暮らしてきた兄弟たちが急にみんないなくなってしまって。

常に危険と隣りあわせの自然界だし、覚悟はあったのかもしれないけれど。
やっぱりいきなりひとりぼっちは寂しいだろうな……

もしもぼくが同じ立場になったら、スイミーのように前向きに生きられるだろうか。
スイミーみたいに目に映る景色を美しいと思えるだろうか。

きっと時間はかかるけど少しずつ元気になっていくのかな。
スイミーだってひとりぼっちになって、何日も何日も沈んだ日々を過ごしたんだろうし。

結局、傷ついた心を癒してくれるのは時間や新しい仲間だったりして。
ちがう環境に触れることで立ち直っていくのかな。

冷たいようだけど、受け入れて進んでいかなくちゃ。
どんなに後悔しても、どれだけ願っても、過去には戻れないから。

ときには懐かしむことがあっても、しがみついていてはいけないもの。
ぼくたちは過去に縛られたままでは生きられない生き物で。

変えられないことではなく変えられることの目を向ける。
スイミーのように、自分にできることをただ精一杯にやっていくいくしかないんですよね。

過去は変えられないけれど、今をどう生きるかで未来を選ぶことはできるはずだから。

以上、「自分」を知る成長の物語 奥深いストーリーのロングセラー絵本『スイミー』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く