絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

プロが厳選した絵本が毎月届く!おすすめの「絵本の定期購読」サービス10選

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本の定期購読サービスのご紹介です。

「絵本を買ってあげたいけど、どれを選べばいいんだろう……」
そんな悩みを持つ、ママやパパも多いと思います。

「どの絵本がいいのかわからない!」
「たくさんありすぎて選ぶのが面倒!」

そんな人におすすめしたいのが子育ての手助けをしてくれるつよーい味方。
それが絵本の定期購読サービスです。

絵本の定期購読とは?

おすすめの絵本を毎月おうちに届けてくれる便利なサービス。
子どもの年齢に合わせて、プロが厳選した本を選んでくれます。

年齢も0歳から可能で、だいたい小学6年生ぐらいまでが対象年齢。
すでに持っている絵本と重なってしまった場合は変更も可能です。

「どれにしよかなあ」と考えるのも楽しみのひとつだったりですが。

忙しくてなかなか時間もとれなかったり。
ついつい同じような絵本ばかりを選んでしまったり。

「絵本選びの時間よりも子どもふれあう時間を増やしたい」
「せっかくだから子どもに喜んでもらえる絵本を選びたい」

そんなふうに考える人も少なくないですよね。

ただ絵本の定期購読サービスもたくさんあって、それぞれ違いがあります。
金額なことはもちろん、月に何冊くらい届くのか、どんなラインナップが届くのか、などなど。

「結局、どこを選べばいいの?」という、声が聞こえてきそうですが……

なので今回は絵本の定期購読サービス10社を選んで紹介します。
違いをわかりやすく比較しましたので参考になればと思います。

たくさんの絵本の画像

絵本の定期購読サービス10選

まずは気になるポイントを表にして比較してみました。

年間の配本数はコースによって違う場合があります。
当然、届く絵本や数によっても金額が変わってきます。

なので各サービスの2017年度の3歳コースのものを目安として使用しています。
ちなみにすべて税込みでの金額表記です。

ここをタップして表示Close
配本数 料金 送料 1冊あたり カード払
絵本ナビ 26冊/年 31,320円 無料 ※ 1,205円
メルヘンハウス 13冊/年 17,280円 260円 1,569円
クレヨンハウス 18冊/年 24,300円 330円 1,570円 ×
童話館 24冊/年 確認できず 200円 確認できず
子育てナビゲーション 27冊/年 29,257円 無料 1,084円
金の星社 12冊/年 15,876円 無料 ※ 1,323円 ×
こぐま社 18冊/年 17,712円 無料 984円
大きな木ブッククラブ 12冊/年 16,632円 240円 1,626円 ×
メリーゴーランド 12冊/年 14,256円 450円〜 1,638円 ×
メトロブッククラブ 15冊/年 17,205円 無料 ※ 1,147円 ×

送料の※マークは、支払い方法などによって送料が発生する場合があります。
詳しくは個別のサービス紹介をご参照ください。

絵本ナビ「絵本クラブ」

サイト「絵本ナビ」定期購読ページののスクリーンショット
1000万人が利用する絵本サイト「絵本ナビ」が提供する定期購読サービスです。
ロングセラーの名作絵本を中心に、ご家庭でそろえておきたい良書をバランスよく選んでいます。

お届けする絵本の確認や配本の変更もサイトから可能です。
作品の詳しい情報や、先輩のママやパパたちの評価もチェックできます。

子どもだけでなく大人向けコースも充実。
読み終わった本の引き取り保証付きもあるのがうれしいですね。

料金:31,320円
送料:無料(1回のお届けが1,620円未満の場合は送料257円)
年間配本数:24〜31冊(コースによる)
1冊あたりの値段:1205円
支払い方法:クレジットカード・代金引換・銀行振込・現金書留
お届け日:毎月20日ごろ
配送方法:ヤマト運輸のネコポスまたは宅配便
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • 絵本ナビのレビューが読み聞かせに参考になる
  • 読み終わった本の引き取り保証付き
  • プレママコース、パパ向けコースなど大人向けコースも充実

絵本ナビ「絵本クラブ」へ

メルヘンハウスのブッククラブ

サイト「メルヘンハウス」ブッククラブページのスクリーンショット
1973年に日本初の子どもの本専門店としてオープンした「メルヘンハウス」が、1982年にスタートしたサービス。
専門店として長年の実績と経験のある老舗です。

年齢やテーマごとに分かれた全16コースを設けており、書籍3万冊の中から子どもたちに長い間支持されてきたロングセラーを中心に絵本が選ばれています。

料金:17,280円
送料:260円
年間配本数:13〜24冊(コースによる)
1冊あたりの値段:1,569円
支払い方法:クレジットカード・郵便振替・ゆうちょ銀行からの自動引落
お届け日:毎月20日ごろ
配送方法:ゆうメール
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • 歴史ある専門店だからこその安心感
  • お届け先が同じならグループ配送で送料が1件分
  • 通常は2,400円の年間購読料がかかる情報誌「ひろばメルヘン」が無料プレゼント

メルヘンハウスのブッククラブへ

クレヨンハウス ブッククラブ「絵本の本棚」

サイト「クレヨンハウス」ブッククラブページのスクリーンショット
絵本の出版も手がける、おもちゃやオーガニックのセレクトショップ「クレヨンハウス」のブックサービス。

配本は長年親しまれてきたロングセラーが中心。
ブッククラブのスタッフ、子どもの本売り場のスタッフと『月刊クーヨン』の編集部スタッフで構成された選書委員会によって選定されてします。

コースの数は今回ご紹介するなかで最多となる25コース。

会員特典として、通常は3,600円の年間購読料がかかる子どもの本の情報満載の「クレヨンハウス通信」 が毎月、無料で届きます。
しかも、本のお届け先と申し込み者の両方にお届けくという太っ腹ぶり。

さらに12月にはクリスマスプレゼントも届きますよ!

料金:24,300円
送料:330円
年間配本数:17〜25冊(コースによる)
1冊あたりの値段:1,570円
支払い方法:預金口座からの自動引落・一括払い込み
お届け日:毎月20日ごろ
配送方法:ゆうメール
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • 年齢別の他に「ユーモア絵本」や「英語絵本」などのコースも充実
  • 「クレヨンハウス通信」がつくなど、うれしい会員特典
  • 12月にはクリスマスプレゼントが届く

クレヨンハウス ブッククラブ「絵本の本棚」へ

童話館ぶっくくらぶ

サイト「童話館」ぶっくくらぶページのスクリーンショット
出版社でもある「童話館」が展開するブッククラブサービス。
1982年発足の国最大となる配本ネットワーク。

自社から出版された絵本にかたよることなく、さまざまな出版社の絵本が選ばれています。
30年以上に渡る経験と「ぶっくくらぶ」会員からアンケートをもとに厳選された絵本が届きます。

童話館から出版されている絵本については会員特別価格で定価より200円~500円ぐらい安くなります。

料金:確認できず
送料:200円
年間配本数:24冊
1冊あたりの値段:確認できず
支払い方法:クレジットカード・預金口座からの自動引落・郵便振替・預かり金制度
お届け日:配送先の地域によって異なる
配送方法:ゆうメール
申し込み前の配本確認:×

おすすめポイント

  • 国最大となる配本ネットワーク
  • 海外へのお届けもできる
  • 会員特別価格が適用される

童話館ぶっくくらぶへ

子育てナビゲーション

サイト「子育てナビゲーション」ブッククラブページのスクリーンショット
絵本の専門店「子育てナビゲーション」によるブッククラブ。

長年にわたり出版され続けている絵本。
公立図書館から支持されている絵本。

その2つを集約し、厳選した絵本をお届けします。
おもちゃや絵本など、子育てナビゲーションでの商品購入時5倍のポイントがつきます。

料金:29,257円
送料:無料
年間配本数:24〜36冊(コースによる)
1冊あたりの値段:1,084円
支払い方法:カード・代金引換
お届け日:毎月1日ごろ
配送方法:ゆうメールまたは佐川郵便
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • うれしい!送料無料
  • 年間配本数が10社のなかで最多
  • 子育てナビゲーションでの購入ポイントが5倍

子育てナビゲーションへ

金の星社ブッククラブ

サイト「金の星社」ブッククラブページのスクリーンショット
大正8年に設立された、業界で最も長い歴史を持つ子どもの本の専門出版社「金の星社」が展開するブッククラブ。
いもとようこさんの絵本コースや日本昔ばなし、『おさるのジョージ』のコースなども選べます。

申し込み特典として年6回の「金の星ニュース」や「普及版 へんしんポスト」のプレゼント。
お誕生日にはバースデーカードが届きます。

料金:15,876円
送料:一括払いの場合、無料。都度払い1回につき210円
年間配本数:12冊
1冊あたりの値段:1,323円
支払い方法:代引一括払い・お届けごと代金引換。
お届け日:毎月中旬ごろ
配送方法:ヤマト運輸宅配便または書籍小包
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • 金の星社が出版している絵本が届く
  • 初回一括払いで送料無料。
  • お誕生日にバースデーカードが届く

金の星社ブッククラブへ

こぐま社「こぐまえほんクラブ」

サイト「こぐま社」こぐまえほんクラブページのスクリーンショット
『11ぴきのねこ』シリーズや『わたしのワンピース』などで有名な「こぐま社」が展開するサービス。

0、1、2歳向けの1コースのみ。
こぐま社から出版されたロングセラー作品を中心に選書した絵本をテーマにそってお届けします。

絵本を楽むためのアドバイスや、当月配本の絵本についての解説などが載っている『えほんクラブ通信』がついてきます。
ほかにも「こぐまちゃんビニールポーチ」のプレゼントがあります。

料金:17,712円
送料:無料
年間配本数:18冊
1冊あたりの値段:984円
支払い方法:クレジットカード・振込
お届け日:毎月上旬ごろ
配送方法:クロネコDM便
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • うれしい!送料無料
  • 1コースのみの取り扱い
  • 毎月『えほんクラブ通信』がついてくる

こぐま社「こぐまえほんクラブ」へ

大きな木ブッククラブ

サイト「大きな木」ブッククラブページのスクリーンショット
岐阜県にある絵本と童話の店「おおきな木」がお届けする絵本の定期便。
同店では絵本に関するイベントや講座なども開催しています。

定番やロングセラーを中心にセレクトした絵本や童話ををチョイス。
特典として、おおきな木主催のイベントに会員価格でご参加いただけます

料金:17,530
送料:200円
年間配本数:12〜23冊(コースによる)
1冊あたりの値段:1,626円
支払い方法:郵便振替
お届け日:毎月、前月の末ごろ
配送方法:ゆうメール
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • 店頭での受け取りも可能
  • おおきな木主催のイベントに会員価格でご参加できる

大きな木ブッククラブへ

メリーゴーランドのブッククラブ

サイト「メリーゴーランド」ブッククラブページのスクリーンショット
本屋さん・雑貨屋さん・喫茶店のほか、遊びのワークショップ「あそびじゅつ」や多目的ホールまでも完備する多彩なお店。
そんな三重県四日市にある「子どもの本専門店メリーゴーランド」が運営するブッククラブ。

年齢別の他に、店主である増田さんがセレクトした「ひげのおっさんコース」など個性的なコースもあります。
10人以上でまとめてお申し込むと毎月の送料が無料に。

毎月、本と一緒に「メリーゴーランド新聞」が届きます。
お誕生日とクリスマスにはプレゼントもあります。

料金:14,256円
送料:450〜500円
年間配本数:12冊
1冊あたりの値段:1,638円
支払い方法:郵便振替
お届け日:毎月中旬日ごろ
配送方法:不明
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • 10人以上でまとめてお申し込むと送料無料
  • 店頭での受け取りも可能
  • お誕生日とクリスマスにプレゼントが届く

メリーゴーランドのブッククラブへ

メトロ書店「メトロブッククラブ」

サイト「メトロブッククラブ」のスクリーンショット
「メトロブッククラブ」はメトロ書店が運営するブッククラブ。
読書アドバイザーが厳選した本を届けてくれます。

小説や新書など、大人向けのコースも充実です。

一括払いの場合のみ読書ノート1冊プレゼント。
誕生月・クリスマス月はスペシャルラッピングでお届けします。

料金:17,205円
送料:一括払いの場合、無料。260円
年間配本数:13〜20冊(コースによる)
1冊あたりの値段:1,147円
支払い方法:預金口座からの自動引落・毎月振込・一括前払・代金引換
お届け日:毎月中旬ごろ
配送方法:ゆうメール
申し込み前の配本確認:◯

おすすめポイント

  • 初回一括払いで送料無料
  • 絵本以外のコースも充実
  • 誕生月・クリスマス月はスペシャルラッピングでお届け

メトロ書店「メトロブッククラブ」へ

まとめ

送料や金額的なことは安いにこしたことはないんですけどね。
届く本のラインナップに関しては一概にどこがいいかは言えないかなあ、という感じです。

ただ出版社の場合はどうしても自社の絵本が多い傾向があるので、いろんな絵本を読ませてあげたいなら、そこだけ注意が必要です。
まあ、絵本のリストは基本的にウェブ上で確認できますので、最終的には好みでいいと思います。

ぜひ絵本の定期購読を検討してみてはいかがでしょうか?

以上、プロが厳選した作品が毎月届く!おすすめの「絵本の定期購読」サービス10選のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメント & トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 絵本の定期購読について「絵本ソムリエ」の方が詳しく紹介してくれるサイト 絵本さんぽ […]

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く