絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

大人向け

Tagged
絵本「あま~いしろくま」
おすすめの新刊
絵本『あま~いしろくま』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。食いしん坊なしろくまの愉快な妄想絵本第2弾!今回のテーマは「おやつ」です。中に入って全身で甘さを味わいますよ。著者:柴田 ケイコ、出版社:PHP研究所、対象年齢:4歳から
絵本「だいすきぎゅっぎゅっ」
絵本『だいすきぎゅっぎゅっ』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。原題:Time for a Hug、著者:、出版社:フィリス・ゲイシャイトー、ミム・グリーン/作、デイヴィッド・ウォーカー/絵、福本 友美子/訳、対象年齢:0歳から
絵本「100万回生きたねこ」
絵本『100万回生きたねこ』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。100万回も死んで100万回も生きたトラねこが、愛を知る物語。儚く切ない感動のロングセラー。著者:佐野 洋子、出版社:講談社、対象年齢:5歳から
絵本「ラチとらいおん」
絵本『ラチとらいおん』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。弱虫少年と、らいおんの成長を描いた物語。原題:Laci ​és az oroszlán、著者:マレーク・ベロニカ/作、徳永 康元/訳、出版社:福音館書店、対象年齢:4歳から
絵本「ちがうねん」
絵本『ちがうねん』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。ドキッとする結末と関西弁の、シュールな1冊。原題:This Is Not My Hat、著者:ジョン・クラッセン/作、長谷川義史/訳、出版社:クレヨンハウス、対象年齢:3歳から
絵本「とんでもない」
絵本『とんでもない』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。 「とんでもない」そんな一言からはじまる動物たちによる悩みの告白。大人も子どもも楽しめるユーモラスな作品です。著者:鈴木のりたけ、出版社:アリス館、対象年齢:4歳から
絵本「うんこ!」
絵本『うんこ!』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。どこからどうとっても「うんこ」のお話、読み聞かせにもぴったりなユーモアたっぷりのおかしな1冊です。著者:サトシン/作、西村 敏雄/絵、出版社:文渓堂、対象年齢:3歳から
絵本「あなたがだいすき」
絵本『あなたがだいすき』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。いろんな動物たちの「だいすき」がいっぱいつまった1冊、子どもに向けて毎日でも読み聞かせてあげたくなる絵本です。著者:鈴木 まもる、出版社:ポプラ社、対象年齢:2歳から
絵本「ふたりのねこ」
絵本『ふたりのねこ』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。ある夏のおわりの記憶、猫のぬいぐるみ「ニャンコ」と、野良猫「ねこ」の出会いと別れを描いた切なくも美しい1冊です。著者:ヒグチユウコ、出版社:祥伝社、対象年齢:6歳から
絵本「うまれてきてくれてありがとう」
絵本『うまれてきてくれてありがとう』のあらすじや感想、みどころなどをご紹介します。親から子へ伝える愛のメッセージ、命の誕生を喜びあうような、幸せに包まれる1冊です。著者:にしもとよう/作 黒井 健/絵、出版社:童心社、対象年齢:2歳から