絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

上から読んでも下から読んでも楽しめる!愉快な回文絵本『さかさことばで うんどうかい』

絵本「さかさことばで うんどうかい」の表紙出典:西村 敏雄『さかさことばで うんどうかい』/福音館書店

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『さかさことばで うんどうかい』のご紹介です。

上から読んでも下から読んでも楽しめる!
回文だけで構成された愉快な1冊。

上から下から、何度も読み返したくなること請け合いです。
動物たちの、ちょっぴりおかしな運動会をお楽しみください!

絵本『さかさことばで うんどうかい』の情報

著者:西村 敏雄/作
出版社:福音館書店
出版年:2015年6月
ページ数:32ページ
対象年齢:5歳から

『さかさことばで うんどうかい』のあらすじ

動物たちが選手入場してきました。
さぁ、ちょっぴり変わった運動会の開幕です。

まずはパン食い競争。
体の大きなぞうくんが、その長い鼻をつかってパンをたくさん掴みます。

「ぞうくん くうぞ」
「よう くうよ」

お次は騎馬戦。
あか組のうさぎさんが、しろ組のカメさんに体当たり!

「さかさだ さかさ」
「かめ だめか」

とび箱、重量挙げ、フォークダンス。
なんだか運動会らしくないものも混じってますが……

競技はまだまだつづきます。
お昼休みをはさんだら、玉入れと新体操。

そして最後の種目はリレーです。

「いちい だれだ いちい」
「たぶん ぶた」

おわり わお!

絵本「さかさことばで うんどうかい」の中身その1出典:西村 敏雄『さかさことばで うんどうかい』/福音館書店

絵本『さかさことばで うんどうかい』の内容と感想

竹やぶ焼けた(たけやぶやけた)。
確かに貸した(たしかにかした)。

逆さから読んでも同じになる「回文」というやつですね。
なんと、この回文を絵本まるまる1冊でやっちゃいました!

「だん だんと とんだんだ」
「できる やれば ねばれ やるきで」

どのページをひらいても回文だらけ。
さかさことばで繰り広げる動物たちの運動会です!

だけどちょっとまって!
この運動会が変なのは、さかさことばだけじゃないんです。

種目もなんだかおかしい!
運動会なのに重量挙げや新体操って……

さらに選手である動物たちが、みんなちょっと変!

玉入れでは、足にバネをしこんでイカサマをするイノシシ。
新体操では、気を抜くとガニ股になっちゃうウマ。

コミカルに描かれた動物たちの、とぼけた表情がまたいい!
もう、みているだけで笑えちゃいますね。

文章だけでもイラストだけでも愉快な作品。
それが一緒に読めるんだから、おもしろくないはずがない!

上から読んでも下から読んでも楽しめる、あそび心満載の1冊です。

絵本「さかさことばで うんどうかい」の中身その2出典:西村 敏雄『さかさことばで うんどうかい』/福音館書店

さかさことばのうんどうかい

さかさことばだけで運動会を描いちゃう発想がおもしろい!
多少強引でも、ユーモア交えてやりとおすのは、ほんとにすごいですよね。

なんだか触発されて、自分でも考えてみたけど、ぜんぜんアイデアが浮かんでこない。
ぼくの貧相なボキャブラリーじゃ、せいぜい「しんぶんし」か「トマト」ぐらい……

で、他の人はどうかと思って調べてみたら、みんなおもしろい回文を考えてるものなんですね。

リモコンてんこ盛り(りもこんてんこもり)。
素でキス出来んほど本気で好きです(すできすできんほどほんきですきです)。

などなど……でるわでるわ、おもしろ回文。
やっぱり好きな人は多いみたいで、まるで、さかさことばの運動会みたい。

でもさ、さかさことばって、どうしてこんなに楽しいんだろうね。

上からも下からも同じように読める。
ただ、それだけでワクワク愉快な気分になれるんだから不思議!

こうやって、ひと工夫するだけで楽しめることって、実はけっこうあるのかな。
お金なんかかけなくても、特別な道具ははくてもさ。

要は考え方なんだよね。
楽しめるがどうかなんて自分しだい。

みる方向を変えてみるだけでいいんだから。
上から読んでも下から読んでも楽しめる、さかさことばみたいにさ。

以上、上から読んでも下から読んでも楽しめる!愉快な回文絵本『さかさことばで うんどうかい』のご紹介でした。

おわり わお!

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く