絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

これは誰かな? 赤ちゃんが初めて出会う虫絵本『てんてんてん』

絵本「てんてんてん」の表紙

出典:わかやま しずこ『てんてんてん』/福音館書店

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『てんてんてん』のご紹介です。

「てん てん てん」「ぐる ぐる ぐる」
リズミカルな言葉にあわせて大胆にデザインされた虫たちが描かれます。

ページをひらけば子どもたちを楽しい虫の世界に誘いますよ。
表紙のてんとう虫が魅力的な、ロングセラーの赤ちゃん絵本です。

絵本『てんてんてん』の情報

著者:わかやま しずこ/作・絵
出版社:福音館書店
出版年:1998年6月
ページ数:20ページ
読み聞かせ:0歳から
おすすめ対象年齢:0歳1歳

『てんてんてん』のあらすじ

赤いページいっぱいに、黒い斑点。
「てん てん てん」

なんだか見覚えのあるデザイン。
ページをめくると……

てんとうむし!

あ、大きなうずまきがあるよ。
「ぐる ぐる ぐる」

これは何かな?
ページをめくると……

かたつむり!

黄色く「ひら ひら ひら ひら」飛んでいるのは?
暗やみに「ぽっぽっぽっ」と光っているのは?

「かさっ かさっ かさっ」
あ、これは誰かな……?

絵本「てんてんてん」の中身その1出典:わかやま しずこ『てんてんてん』/福音館書店

絵本『てんてんてん』の内容と感想

福音館書店「0.1.2.えほん」の1冊。

「てん てん てん」「ぐる ぐる ぐる」
リズミカルな擬音語で耳に入りやすい言葉えらびが印象的。

そして、シンプルながら大きく描かれた迫力のあるイラスト。
コントラストのはっきりした色づかい。

どれも赤ちゃんにとって、ちょうどいい加減なんです。
絵や言葉の意味がまだ分からない赤ちゃんを、絵本の世界に引き込みますよ。

赤ちゃんにとっては、きっとはじめて出会う虫の絵本。

てんとうむしにはじまり、かたつむり、ちょう、ほたる、かまきり。
簡単ながらも虫の特徴をとらえた内容で、自然と虫の名前を覚えられそう。

2歳ぐらいにもなると「これは誰かな?」と当てっこクイズも楽しめます。
虫が苦手でも、なんだか可愛く思えてくる絵本です。

さらに、赤ちゃん向けの絵本らしく丈夫な厚紙。
子どもでもめくりやすく、噛んだり引っ張ったり、放り投げても破れにくいのがうれしい。

本の角が丸くなっているの安心できるポイントですね。

絵本「てんてんてん」の中身その2出典:わかやま しずこ『てんてんてん』/福音館書店

「てんてんてん」に「ぐるぐるぐる」

赤色にてんてんてんの、てんとう虫。
ぐるぐるまきまきの、かたつむり。

身近なところだけでも、いろんな色や形の生き物がいますよね。
だけど改めて考えてみると不思議です。

どうしてこんなにみんな違うんだろう?って。

幼いころはみるもの全部が不思議だったのに。
大人になるにつれ、それが不思議だと感じなくなっちゃった。

子どものときってもっといろんなことに興味をもっていた。
ワクワクしたり不思議なことがたくさんあった。

それが大人になると、毎日が「当たり前」になっちゃうんだよね。
「なにか楽しいことないかなあ……」って、ぼやいたりして。

ほんとはワクワクすることなんていくらでもあるのに。
わからないこと、不思議なことだってすぐそこにあるのに。

せかせか急いでないでさ、ちょっと休んで近くに目を向けてみようよ。

世界は楽しいことであふれているんだから。
それこそ絵本の中にだって、ワクワクがいっぱいつまっているしね。

以上、これは誰かな? 赤ちゃんが初めて出会う虫絵本『てんてんてん』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら いいね! してみよう

この記事が気に入ったら
 いいね! してみよう

シェアするツイートするブログの更新をプッシュ通知で受け取る

コメントを書く

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOKでコメントを書く