絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

サンタさんはくるよ!聖なる夜のファンタジー絵本『よるくま クリスマスのまえのよる』

絵本「よるくま クリスマスのまえのよる」の表紙

出典:酒井 駒子『よるくま クリスマスのまえのよる』/白泉社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『よるくま クリスマスのまえのよる』のご紹介です。

前作に続き、男の子の「ぼく」と「よるくま」の一夜のお話。
クリスマスの前日に繰りひろげられた、心があたたまる物語です。

「サンタさん来るかなぁ」
「ぼく悪い子なのかな」

不安にふるえる小さな心が、優しさにふれて安らぎへと変わっていきます。
子ども心をやさしく包み込むようなファンタジー絵本です。

絵本『よるくま クリスマスのまえのよる』の情報

著者:酒井 駒子/作
出版社:白泉社
出版年:2010年10月
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:3歳4歳大人
読み聞かせ:2歳から

『よるくま クリスマスのまえのよる』のあらすじ

明日は楽しいクリスマスです!

だけど……悪い子にはサンタさんは来ないのかしら……
そう思うと男の子は心配で眠れません。

すると……「トントン」
やってきたのはよるくま!

夜みたいにまっ黒、胸にはお月さまが光っている。
とってもかわいい、男の子のお友達です。

おや、よるくまはサンタさんを知らないみたい。
そんなよるくまのために男の子はプレゼントをあげようと考えます。

よるくまが選んだのは、ツリーに飾ってあった、おうちと小さなイエス様。
それから……飛行機……

突然、電気が消えて真っ暗になったかと思ったら……
気がつくと、大きくなったおもちゃの飛行機に乗って、よるくまと夜空をひとっ飛び!

空からみんなが寝ている、きらきら輝く町並みながめます。
あれ、よるくまのお母さんが男の子たちに手をふっています。

よるくまが抱っこされている様子を、羨ましそうにみる男の子。
すると不意に……

「さあ ぼうや サンタさん からよ」
幼いころ、お母さんに抱っこされながらプレゼントをもらった情景が浮かびます。

「じゃあねぇ ぼうや もうそろそろもどっておいで」
「もう しんぱい なんか しないでね」

どこからか声が聞こえて……

絵本「よるくま クリスマスのまえのよる」の中身その1出典:酒井 駒子『よるくま クリスマスのまえのよる』/白泉社

絵本『よるくま クリスマスのまえのよる』の内容と感想

「ぼく…ぼくには サンタさん くるかなぁ。来ないのかもしれないね、だって ぼく わるいこだから。きょう ママに いっぱい しかられたから」

心配で不安な夜を過ごす男の子。
そんな「ぼく」のところにやってきた、マフラーをまいた「よるくま」

言葉はなくとも「大丈夫だよ」と、やさしく寄り添ってくれる。
よるくまと男の子が、一緒にクリスマス前の夜を過ごすお話です。

黒を基調とした鮮やかな色彩に、はっきりとした色でぬりつくされた背景。
あたたかく愛らしいタッチのイラストが印象的な1冊です。

不安にふるえる男の子をギュッと抱きしめてあげる、よるくま。
そしてサンタさんを知らない、よるくまのためにプレゼントをあげる男の子。

互いを思いやる心が不安を消し、安心へと変わっていきます。
2人のやさしさが、読む人の胸をジーンとあたためてくれるようです。

そして、おもちゃの飛行機で夜空を飛びまわるシーンは、とっても美しい!
まるできらきら輝くクリスマスの美しいイルミネーションが目の前に広がっているみたい。

さらに、よるくまのお家は男の子がプレゼントした、おもちゃのお家だったり。
幼いころのクリスマスプレゼントによるくまを貰ったいたりと。

世界観がとってもすてきで、幻想的な絵本。

発行部数22万部。
子どもの繊細な心を描いた、大人にも一緒に読んでほしい1冊です。

続編・シリーズ作品
・よるくま(1999年11月)

絵本「よるくま クリスマスのまえのよる」の中身その2出典:酒井 駒子『よるくま クリスマスのまえのよる』/白泉社

サンタさんは来てくれるかな?

「いい子にしてないとサンタさん来てくれないよ」
そうやってすぐに言ってしまっていませんか?

大人からすれば軽い気持ちで言ったことかもしれない。
だけど子どもたちからすれば、本気で心配しちゃうから。

絵本の男の子だってそう。
自分を悪い子だと感じて、心配で心配で夜も眠れなくなるぐらいに。

でもさ「いい子」って何だろうね?
素直に親の言うことをきく子が「いい子」なのかな?

それってさ、親にとって「都合のいい子」なだけなんだよね。

たしかに子育てって大変だから。
時間がなかったり、イライラしちゃうこともやっぱりあって。

つい子どもに対してきつい言い方になってしまったりしてね。
だけどさ、大人が思うより子どもはずっと不安なんだよ。

「悪い子のところにはサンタさんは来てくれない」

脅しのように怖がらせて不安を煽って。
そんなのってお互い気持ちのいいもんじゃないよね。

クリスマスは幸せな時間であって欲しいから。
サンタクロースのプレゼントだって楽しみであって欲しいから。

子どもだって、大人だって、ワクワクするようなイベントなんだ。

少しぐらいイタズラしても大目にみてあげてもいいんじゃない。
なんてったって、聖なる夜なんだからさ。

以上、サンタさんはくるよ! 聖なる夜のファンタジー絵本『よるくま クリスマスのまえのよる』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら いいね! してみよう

この記事が気に入ったら
 いいね! してみよう

シェアするツイートするブログの更新をプッシュ通知で受け取る

コメントを書く

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOKでコメントを書く