絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

あわてん坊サンタさんの楽しい勘違い 穴あき仕掛け絵本『まどから おくりもの』

絵本「まどから おくりもの」の表紙

出典:五味 太郎『まどから おくりもの』/偕成社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『まどから おくりもの』のご紹介です。

あわてん坊のサンタさんによる愉快な勘違い。
そして繰り返しの展開が楽しいクリスマス絵本です。

窓の部分がくりぬいてある、穴あきの仕掛け絵本。
クリスマスシーズンの読み聞かせにぴったりな楽しい1冊ですよ。

絵本『まどから おくりもの』の情報

著者:五味 太郎/作
出版社:偕成社
出版年:1983年11月
ページ数:36ページ
おすすめ対象年齢:2歳3歳
読み聞かせ:2歳から

『まどから おくりもの』のあらすじ

今日はどうやらクリスマスです。
ヘリコプターに乗ってやってきたサンタクロース。

窓からのぞくネズミさんのお顔。
「ここは ねずみさんの おうち」

贈り物の「しゃれた ながぐつ」の窓からポイッ。
サンタさんは、みんなのお家にプレゼントを配ってまわります。

ところが……
このサンタさん、なんだかあわてん坊だし、ちょっと大ざっば……

誰のお家かちゃんと確認しないで、窓から贈り物を配って歩きます。

窓からのぞくのはネコさんのお顔。
「ここは ねこさんの おうち」

かわいいリボンをプレゼント!
だけど……中で寝ていたのはネコさん柄のシャツを着たブタさん。

お次のお家は窓からのぞく、しましま模様。
「ここは どうやら しましまさんのおうち。」

だけど……中で寝ていたのは3羽ならんだ白鳥さんでした。

まっ暗でお留守かと思ったらクマさんのお家のだったり……
キツネさんのお家かと思ったらワニさんだったり……

慌てん坊サンタクロースはずっと勘違いしたまま。
どんどんプレゼントを配ってまわって……

さて、次の朝……

絵本「まどから おくりもの」の中身その1出典:五味 太郎『まどから おくりもの』/偕成社

絵本『まどから おくりもの』の内容と感想

「五味太郎 しかけ絵本」シリーズの第3作目。
窓の部分がくりぬいてある、穴あき仕掛けが見どころの1冊。

あわてん坊のサンタクロースによる楽しい勘違い。
繰り返しのあるストーリー展開がおもしろいクリスマス絵本です。

ちゃんと中を確認しないで、窓からちらっとのぞく姿をみるだけ。
サンタさんは「たぶん」「だろう」で贈り物を選んで、窓からポイっと配ります。

サンタクロースも忙しいからね。
仕方がない……のかな……?

ページをめくってみると、やっぱり違う!
そりゃあ、そうだよねえ……

ワニさんのギザギザ背中の一部をみて、キツネさんの耳だと勘違いしたり。
並んで寝ているウサギさんたちの耳がワニの口に思えたり。

穴あきの仕掛けをうまく利用した、とっても愉快なロングセラー作品。

最後は双子の兄弟かと思ったら、お顔そっくりな風船……
ちょっと強引な気もするけど、そこはまあ、ご愛嬌ってことで。

翌朝、子どもたちはさぞや残念がっていると思いきや……
あれ、意外とそうでもない。

プレゼントを貰えなかったクマさんは、2つも貰えた男の子から分けてもらえて。

なんだかんだと他のみんなも気に入ったみたい。
まあ、終わりよければすべてよし、かな。

発行部数は132万部のミリオンセラー*1
大人数での読み聞かせにぴったりな大型版のビッグブックもありますよ。

クリスマスシーズンに読んであげたい1冊。
読み聞かせにぴったりな楽しい仕掛け絵本です。

続編・シリーズ作品
【「五味太郎 しかけ絵本」シリーズ】

  1. きいろいのはちょうちょ(1983年2月)
  2. とうさんまいご(1983年7月)
  3. まどから おくりもの(1983年11月)
絵本「まどから おくりもの」の中身その2出典:五味 太郎『まどから おくりもの』/偕成社

サンタさん、ちょっと落ちついて!

クリスマスのサンタクロースは大忙し。
だからわざわざ煙突から入ってこなくていいとは思うんです。

まあ今時、煙突のある家もそうそうありませんけどね。

この際、窓からプレゼント渡していくのははよしとしよう。
でもさ、せめて誰の家かくらいは確認しようよ!

子どもにとってクリスマスのプレゼントは、とっても重要なんだから。

何がほしいか一生懸命考えてお願いして。
サンタさんが来てくれるように、いい子にして。

それなのに間違えられたら悲しい!
それこそ、クマさんみたいに留守だと勘違いされたら……泣いちゃうかも。

「急ぐ」と「焦る」は違うから。
忙しいときほど深呼吸して落ちつかなきゃね。

クリスマスのある12月は、師が走るほど忙しい「師走」
みんな慌ただしくて交通事故なんかも増える時期だしさ。

だからこそ落ち着いて行動しなきゃ。
みんなくれぐれも、あわてん坊サンタみたいに「たぶん」で行動しちゃだめだからね!

以上、あわてん坊サンタさんの楽しい勘違い 穴あき仕掛け絵本『まどから おくりもの』のご紹介でした。

おしまい。

*1:トーハン「ミリオンぶっく2017年版」のデータを元に記載しています。

この記事が気に入ったら いいね! してみよう

この記事が気に入ったら
 いいね! してみよう

シェアするツイートするブログの更新をプッシュ通知で受け取る

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く