絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

今日もかなり最高!前向きで楽しい気持ちになれる猫絵本『ねこのピート だいすきなしろいくつ』

絵本「ねこのビート だいすきなしろいくつ」の表紙

出典:エリック・リトウィン,ジェームス・ディーン『ねこのビート だいすきなしろいくつ』/ひさかたチャイルド

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『ねこのピート だいすきなしろいくつ』のご紹介です。

ふてぶてしいぐらいに前向きで。
自信に満ちた足どりでズンズン歩く。

ロックンロールなポジティブキャット。
ねこののピートが歌って進む、愉快なお話。

「何があっても進んででいこう!」
そんなメッセージを届けてくれる、元気の出る1冊です。

スポンサードリンク

絵本『ねこのピート だいすきなしろいくつ』の情報

原題:Pete the Cat I Love My White shoes
著者:エリック・リトウィン/作 ジェームス・ディーン/絵 大友 剛/訳 長谷川 義史/文字画
出版社:ひさかたチャイルド
出版年:2013年5月
ページ数:32ページ
対象年齢:3歳から

『ねこのピート だいすきなしろいくつ』のあらすじ

ねこのピートは新しい靴でおでかけ。
ピートはこの真っ白な靴が大好きです。

上機嫌で歌をうたいながら進んでいきます。
「しろいくつ かなり さいこう! しろいくつ かなり さいこう! しろいくつ かなり さいこう!」

ところが……なんてこった!

ピートがのぼっていたのはイチゴの山。
お気に入りの真っ白な靴は、赤く染まってしまいました。

ピートは悲しんだかというと……赤い靴も「いいかも」

ピートは歩きつづけ、歌をうたうよ。
「あかいくつ かなり さいこう! あかいくつ かなり さいこう! あかいくつ かなり さいこう!」

行く先々で汚れて、色が変わってしまうピートの靴。

ブルーベリーの山にのぼって青くなり。
どろんこに入って茶色になり。

そして水に入ってびしょびしょに……

そのたびに歌を歌って歩き出します。
何があっても前向きに。

「そう それが だいじ! きょうも かなり さいこう!」

絵本「ねこのビート だいすきなしろいくつ」の中身その1出典:エリック・リトウィン,ジェームス・ディーン『ねこのビート だいすきなしろいくつ』/ひさかたチャイルド

絵本『ねこのピート だいすきなしろいくつ』の内容と感想

どんなときも歌って進む、前向きさが魅力のねこのお話です。

ねこのピートはお気に入りの真っ白な靴をはいておでかけ。
行く先々で汚れて、色が変わってしまいます。

普通なら悲しんだり落ち込んだりしそうなところ。
だけどポジティブキャットのピートは違います!

お気に入りの靴が汚れても「これもいいかも」と歌をうたいながら、ズンズン進んでいく。
ギターなんかかき鳴らしちゃって超クール!

前向きな物語とともに、カラフルな色使いがさらに元気な気持ちにさせてくれますね。

それに『ねこのピート』といえば、印象的なのがピートのうたう歌。
動画もあるので、読み聞かせで親子一緒にうたったりしても楽しめます。

くつの部分をいろんなものに置き換えたりして、普段から口ずさんでみてもいいかも。
ありふれたな日常が、最高!な時間に変わっちゃうかも?!

絵本の最後に、歌の楽譜もついているオマケ付き。
ねこのピートオフィシャルサイトでダウンロードもできますよ!

原書はアメリカで発売され、歌を歌いながら楽しめる絵本として大人気。
ニューヨークタイムズベストセラーリストで、43週連続ランクインを記録したほど。

親子で、みんなで、歌って楽しい1冊。

前向きにいきること。
人生を楽しむこと。

「何があっても進んでいこう!」
そんなシンプルで力強いメッセージを届けてくれる素敵な絵本です。

受賞歴

  • 全国学校図書館協議会選定図書
  • 日本子どもの本研究会選定図書

続編・シリーズ作品
【「ねこのピート」シリーズ】

  1. ねこのビート だいすきなしろいくつ(2013年5月)
  2. ねこのピート だいすきなよっつのボタン(2014年10月)
  3. ねこのピート はじめてのがっこう(2016年1月)
絵本「ねこのビート だいすきなしろいくつ」の中身その2出典:エリック・リトウィン,ジェームス・ディーン『ねこのビート だいすきなしろいくつ』/ひさかたチャイルド

人生いつだって前向きに!

絵本『ねこのピート』を読むたびに思うことがあって。
それは「人生は前向きに生きた方がぜったいに楽しい!」ってこと。

ぼくたちはつい、変えようのないこと、考えても仕方がないことにばかりにとらわれてしまうから。

過去の失敗を引きずったままだったり。
いつまでも後悔を大切に抱え込んでいる。

その点、ピートなんてどこまでも前向き。
いつだって楽しげで、ズンズン進む足どりは自信に満ちてますもんね。

悔やんだところで靴の色は戻らない。
汚れないように心配しながら歩くのも、何か違う。

「まあいいか」
「これはこれでありなんじゃない」

そんなふうに思えたら、きっと人生は楽しいよ。
すべてを受け入れて、そのすべてを楽しむってこと。

ぜったいに「こう」と決めつけてしまうと、生きることが窮屈になってしまうから。

ピートみたいに歌でもうたいながらさ。
人生は、ぼくたちの考え方ひとつで変えられるんだから。

そう、それが大事!
今日もかなり最高!

以上、今日もかなり最高!前向きで楽しい気持ちになれる猫絵本『ねこのピート だいすきなしろいくつ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く