絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

バカバカしいけどクセになる 大笑い必死のはちゃめちゃ絵本『うどんのうーやん』

絵本「うどんのうーやん」の表紙

出典:岡田 よしたか『うどんのうーやん』/ブロンス新社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『うどんのうーやん』のご紹介です。

うどんがうどんの出前を届けるドタバタ珍道中。

バカバカしいのにページをめくる手がとまらない。
もうなんだか、最初から最後までツッコミどころ満載です!

すごくシュールでクセになる。
大人も子どもも、大笑い必死のはちゃめちゃ絵本です。

スポンサードリンク

絵本『うどんのうーやん』の情報

著者:岡田 よしたか/作
出版社:ブロンス新社
出版年: 2012年8月
ページ数:32ページ
対象年齢:3歳から

『うどんのうーやん』のあらすじ

人手不足で大忙しのうどん屋さん。
出前の注文が入ると、うどんのうーやん自らお届けです。

「うーやん でまえや。たのむでー」
「ほな いってきますう」

冷めないように大急ぎで向かいます。
走っていると、お腹をすかせて困っている痩せ猫を発見。

「ちょっと このうどん たべ」
そう言って、優しいうーやんは猫にうどんを食べさせてあげます。

中身が半分になってしまったうーやん。
「これは いかん。なんとかせな」

道行く途中で出会った具材を次々と

そうめん、メザシ、うめぼし、絹ごし豆腐。
さらにエビフライ、コロッケ。ミニトマト。

どんどん自分のどんぶりに乗っけて、もうすごいことに……

川を渡って、山を登って。
さてさて、うーやんは無事に出前を届けることはできるのでしょうか!?

絵本「うどんのうーやん」の中身その1出典:岡田 よしたか『うどんのうーやん』/ブロンス新社

絵本『うどんのうーやん』の内容と感想

もう何だかね、はちゃめちゃすぎて感想に困る絵本(笑)

終始悪ノリのような展開が、うーやんの関西弁と相まって実にシュール。
真面目にふざけている感じが個人的には大好きです。

読み進めるほどに突っ込みどころが満載。

ベンチで休憩中の梅干しのおばあちゃん。
もめん豆腐にいじわるされた絹ごし豆腐。

船が壊れたたこやき。
お弁当箱に入りきらなかったおかずたち。

バラエティーにとんだキャラクターたちが次々にうどんの中に……

いじめられっ子、はみ出し者、助けを求めている人。
みんな一緒に受け入れてしまううーやんの包容力!

大阪人らしいあたたかさが感じられますよね。
だけど何でも詰め込みすぎるもんだから、ページをめくるたびにすごいことになっていきます……

目の前に川があれば「わたるしかないやろ」
山があれば「のぼるしかないやろ」

うーやん、ほんと男前……

「にぎやかうどん」として新商品にしているところなんかは、さすが商売上手。
あれだけ入って500円は良心的?

とにかくむずしいことは考えずに読んでほしい1冊。
おなかを抱えて笑える、楽しい絵本です。

受賞歴

  • 第1回 静岡書店大賞児童書新作部門 第3位
  • 第6回 児童書担当者が選ぶ子どもの絵本大賞 in 九州「この本よかっ!!」 第2位
  • 第4回 ようちえん絵本大賞

続編・シリーズ作品

  1. ちくわのわーさん
  2. こんぶのぶーさん

絵本「うどんのうーやん」の中身その2出典:岡田 よしたか『うどんのうーやん』/ブロンス新社

「いいかげん」は「良い加減」

ぼくは何かと考えこんでしまうこところがありまして。

ふと何もかもが面倒に感じる瞬間があったり。
なんだか生きることを窮屈に感じてしまうことがあったりして。

小さなことにこだわったり、あれやこれやと物事を複雑にしたり。

「まあいいか」
そうやって思えれば楽なんだろうけど……

「大丈夫、なんとかなる」
そんなふうに楽観的になれるほど自身もなくて……

そんなときに『うどんのうーやん」』読んでいると、なんというか、いろいろむずかしく考えすぎなのかなー、と思ったりするわけでして。

何度みても笑ってしまう内容もそうなんですけど。
絵本のうーやんはかなり大ざっぱで、いいかげん。

うどんと太さのちがうそーめんにも。
「かめへん かめへん。そんなん まぜてしもたら わからへん」

久しぶりに水に入りたいと言うメザシにも。
「これ おつゆやねんけど。まあ ええわ。はいり はいり」

そう言って細かいことは気にせず何でもOK。
読みながらつい「ええんかい!」と突っ込みを入れたくなります。

だけどこの「いいかげん」ってとても大事なことだと思うんです。
「いいかげん」というと「中途半端」みたいにあまりいいイメージでは使われないけれど。

「いいかげん」は「良い加減」
つまり、ちょうどいい具合なんですよね。

張り詰めすぎず、ダラダラとゆるめすぎない。
心の柔軟さみたいなもの。

そんな、いい意味でのいいかげんさを持てれば、もう少し楽に生きられるのかなー、と。

よし!今年の目標は「うーやんみたいになること」にします!
やさしくて、包容力と行動力があって男前。

そんな人間になることを、いいかげんに目指していきたいと思います。

以上、バカバカしいけどクセになる 大笑い必死のはちゃめちゃ絵本『うどんのうーやん』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く