絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

みんなが幸せでありますように 繰り返しが楽しいクリスマス絵本『おおきいツリー ちいさいツリー』

絵本「おおきいツリー ちいさいツリー」の表紙

出典:ロバート・バリー『おおきいツリー ちいさいツリー』/大日本図書

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『おおきいツリー ちいさいツリー』のご紹介です。

1977年刊のモノクロ絵本が、カラーのイラストとともに再登場。
アメリカでずっと親しまれてきた、かわいらしいクリスマス絵本です。

大きすぎたツリーはどこにいっても、先っぽを切って捨てられて。
その繰り返しのストーリーが楽しい1冊。

みんなで幸せを分かち合うような心あたたまる物語。
クリスマスシーズンの読み聞かせにぴったりですよ。

絵本『おおきいツリー ちいさいツリー』の情報

原題:Mr. Willowby’s Christmas Tree
著者:ロバート・バリー/作 光吉 夏弥/訳
出版社:大日本図書
出版年:2000年10月
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:4歳5歳
読み聞かせ:3歳から

『おおきいツリー ちいさいツリー』のあらすじ

もうすぐクリスマスです。
ウィロビーさんのお屋敷に届けられたのは、見たこともない大きなクリスマスツリー!

「りっぱな つりーだ! なんて すてきなんだ!」
大喜びで、さっそく大広間に運びます。

だけど先っぽが天上につっかえてしまいました……
執事のバクスターが斧でばっさり。

ちょん切った先っぽは、小間使いのアデレードに渡しました。

アデレードは自分のお部屋に飾ります。
すると、またもや先っぽが天井につっかえてしまいました……

ハサミでちょん切ってゴミ箱に入れて、裏口に出しておくことに。

翌朝、通りかかった庭師のチムが発見。
ツリーを拾って大急ぎでお家に帰りました。

ここでもやっぱり、大きすぎるからとハサミでチョッキン。
ちょん切った先っぽは、窓の外へ「ぽい」と捨ててしまいました。

くまのバーナビー、きつねのフリスク、うさぎのベンジャミン。

大きすぎたツリーはどこにいっても、先っぽを切って捨てられて。
拾った先でもまた、その先っぽを捨てられて。

そしてだんだん小さくなって。
1番最後に小さなツリーを拾ったのは……

絵本「おおきいツリー ちいさいツリー」の中身その1出典:ロバート・バリー『おおきいツリー ちいさいツリー』/大日本図書

絵本『おおきいツリー ちいさいツリー』の内容と感想

誰かにとってはいらないもの。
でもそれが、誰かにとっては必要なもの。

そういうものってありますよね。
そして今回のお話は、そんな「誰かにとっていらない、誰かにとって必要なもの」がクリスマスツリー!

「みんなが幸せでありますように」
そんなクリスマスらしい願いが込められた、心あたたまる絵本。

1本の大きなクリスマスツリーをめぐるお話です。

みどころはウィロビーさんのお屋敷からはじまる繰り返しの展開。
さらに森の動物たちもたくさん登場するので子どもたちに大人気。

せっかくのツリーなのに……躊躇なくちょん切るし。
雑に「ぽい」と投げ捨てる感じも、なんだか笑ってしまいます。

そして最後はウィロビーさんのお屋敷に住む、ねずみのミスルトーが小さなツリーを持ち帰ります。
リレーのようにつないだツリーのバトンは、一周回ってもとの場所に帰ってききます。

オチもすてきで何度も読み返したくなるような作品。
大きいツリーも小さいツリーも、そこに生まれる気持ちの大きさは変わりませんよね。

クリスマスシーズンの読み聞かせにぴったりな1冊。
アメリカで長いあいだ愛されつづけている、かわいらしいクリスマスストーリーです。

絵本「おおきいツリー ちいさいツリー」の中身その2出典:ロバート・バリー『おおきいツリー ちいさいツリー』/大日本図書

みんなが幸せでありますように

「より大きいほうがいい」
「よりたくさんあるほうがいい」

ぼくたちは、ついそんなふうに考えてしまいがち。

「あの人よりも大きなものを」
「みんなに笑われないように」

そうやって必要以上を求めてしまいますよね。

でもね、大きすぎても仕方がない。
たくさんありすぎても持てあますだけ。

絵本のクリスマスツリーみたいに、ちょん切らなきゃいけなくなるしね。

それぞれにあった大きさがある。
身の丈にあった量があるんです。

それにさ、大切なのは物の大小じゃない。
大きくても小さくても、そこにある思いは変わらないから。

ウィロビーさんだって、くまのバーナビーだって、
きつねのフリスクも、うさぎのベンジャミンも、ねずみのミスルトーも。

幸せな気持ちはみんなおんなじだよね。
そこにツリーの大きさは関係ないんだからさ。

以上、みんなが幸せでありますように 繰り返しが楽しいクリスマス絵本『おおきいツリー ちいさいツリー』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く