絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

家も思い出も積みあがる 心あたたまる感動の絵本『つみきのいえ』

絵本「つみきのいえ」の表紙

出典:平田 研也,加藤 久仁生『つみきのいえ』/白泉社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『つみきのいえ』のご紹介です。

世界中で感動をよんだアニメが絵本になりました。
水没した町の、つみきのいえで暮らす、おじいさんのお話。

ある日、落とし物を探しに海に潜ると、そこには、在りし日の幸せな記憶。
海のなかの忘れものを探しに、おじいさんは下へ下への潜っていきます……

おじいさんの記憶の扉とともに、読む人の涙腺までゆるめてしまう作品。
心があたたまる感動の1冊です。

絵本『つみきのいえ』の情報

著者:平田 研也/作 加藤 久仁生/絵
出版社:白泉社
出版年:2008年10月
ページ数:31ページ
対象年齢:5歳から

『つみきのいえ』のあらすじ

海の中にある町の、海の上に立った家。
だんだん水位が上がってきて、住んでいる家が水の中に沈んでしまいます。

するとその上に新しい家をつくり、また沈むと、また新しい家をつくり。
まるで何個も積みあげられた、つみきのような家ができあがりました。

そんなちょっと不便で変わった家に、おじいさんが暮らしています。
3年前におばあさんが亡くなって以来、ひとりぼっちで住んでいます。

そんなある年の冬のこと、また海の水が床まで上がってきてしまいました。
「やれやれ……また あたらしい いえを つくらなきゃならんか……」

新しい家を作っていておじいさんは、ある日、大事な大工道具を海の中に落としてしまいます。

潜水服をきて海にもぐる、おじいさん。
するとそこには、過去に住んでいた家とともに、さまざまな記憶が……

おばあさんとの思い出。
小さかったころの子どもたちとの思い出。

そして、まだ町がにぎやかだったころの思い出。
下の家に潜るたびに当時の記憶がよみがえってきて……

絵本「つみきのいえ」の中身その1出典:平田 研也,加藤 久仁生『つみきのいえ』/白泉社

絵本『つみきのいえ』の内容と感想

米国アカデミー賞短編アニメーション部門受賞。
フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭最高賞をはじめ、数々の賞を獲得した「つみきのいえ」

その世界中が感動した名作アニメが、監督自身の手で絵本用にリメイクされました。

つみきのいえで暮らす、おじいさん。
落とし物を探しに海に潜ると……

町でカーニバルがあったときのこと。
1番うえの娘が、結婚して出ていくときのこと。

深く潜れば潜るほど、幸せだった記憶がよみがえる。
そしてついに、1番下の家にたどりつきます……

あたたかいタッチで描かれたイラストが物語にぴったり。
ストーリーと相まって、胸にジーンと心に響くすてきな作品です。

読み終えるころには、自然と涙がこぼれてくる感動の1冊。

思い出ってとってもあたたかくて。
そしてとっても大切で。

心の奥にしまっては、ときどきそっと開けてなつかしむもの。

たとえ忘れてしまっても、ふとしたきっかけでよみがえる。
消えずにずっと残りつづけるもの。

町の人たちが引っ越していっても、おじいさんが、この町に住みつづける理由。
それはここに、家と一緒に思い出も、つみきのように積みあがっているから。

おじいさんにとっては、この場所が、このつみきのいえが、なによりの宝ものだから。

きっと、おじいさんは、これからもずっとこうして暮らしていくんだろうな。
また新しく家を積みあげながら、思い出と一緒に幸せにさ。

絵本「つみきのいえ」の中身その2出典:平田 研也,加藤 久仁生『つみきのいえ』/白泉社

思い出の所在地

「あの頃はよかった」なんて、よく言うけどさ。

どうして昔の記憶って、こんなにも、あたたかいんだろう。
思い出のなかの風景って、どうしてこんなに輝いているんだろう。

嫌な記憶って忘れてしまいがち。
だからいい思い出ばかりになってしまうのかな。

それとも、もう手に入らないものだからかな。

2度と取り返すことがことができないから
どれだけ求めても手に入ることのないものだから。

思い出を糧に生きること。
ときおり、思い出の箱をのぞいてなつかしむこと。

そういうのって必要だし大事なことだと思うんだ。
だけど過去にすがってちゃダメだよね。

「もしもあの頃にもどれたら」
そうやってウジウジしてたって時計の針は戻らない。

ぼくたちは「今」を生きているんだから。

思い出は「つみきのいえ」みたいに積みあがっていくんだよ。
そうやって下ばかり向いてないでさ、前を向いて歩こうよ。

今が、未来の自分にとっていい思い出になるようにさ。

以上、家も思い出も積みあがる 心あたたまる感動の絵本『つみきのいえ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く