絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

ありのままの自分で幸せに生きる 素敵な猫絵本『わたしはあかねこ』

絵本「わたしはあかねこ」の表紙

出典:サトシン,西村 敏雄『わたしはあかねこ』/文溪堂

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『わたしはあかねこ』のご紹介です。

1ぴきだけみんなと違う、赤色をした猫。
そんなあかねこが、ありのままの自分で生きられる場所をみつけるお話。

「ありのままの自分を受け入れること」
「自分に自信をもって生きること」

そんなことを伝えてくれる、あたたかみを感じる1冊。
子どもも大人も読んでほしい素敵な絵本です。

絵本『わたしはあかねこ』の情報

著者:サトシン/作 西村 敏雄/絵
出版社:文溪堂
出版年:2011年8月
ページ数:32ページ
対象年齢:4歳から

『わたしはあかねこ』のあらすじ

白ねこかあさんと、黒ねことうさんから生まれた5ひきの子ねこたち。
みんな両親から受け継いだ、白と黒の毛色。

だけど1ぴきだけ全然ちがう色。
赤い色のねこ生まれました。

「どうして あのこだけ いろが ちがうんだろう」
「あかねこちゃんだけ いろが ちがって、かわいそう」

親兄弟たちは、赤ねこの色の違いを悩んだり心配したり。
あかねこ自身はきれいで可愛い、この色が好きなのに……

白ねこかあさんも黒ねことうさんも、白黒に近づけようと、いろいろ試みます。
ミルクをいっぱい飲ませたり、黒い魚をいっぱい食べさせたり。

兄弟たちもマネをしてあれやこれや……
あかねこは別に、黒にも白にも、しましまにも、ぶち模様にもなりたくないのに……。

ありのままの自分を認めてもらえずに、悲しいあかねこ。
みんなが寝ているあいだに家を飛び出します。

あかねこは、いろんなところに旅をして、いろんな町で暮らしました。
ある日、とある町で青い毛色のねこと出会います。

そして……

絵本「わたしはあかねこ」の中身その1出典:サトシン,西村 敏雄『わたしはあかねこ』/文溪堂

絵本『わたしはあかねこ』の内容と感想

1ぴきだけみんなと違う色に生まれた、赤ねこのお話。

ママは白ねこ、パパは黒ねこ。
他の兄弟は、白、黒、トラ柄、ぶち、みんな白と黒で家族一緒。

なのに主人公のあかねこだけが赤い色。
その特徴的な毛色がお気に入りだったし、あかねこにとっての個性でありアイデンティティー。

だから「そのままでいい」と言ってほしかった。
「きれいな赤色だね」と、ほめてほしかった。

なのにそれを、大好きな家族に認めてもらえない悲しさ……

「そのままの じぶんが よかったの」
そう言って家を出たあかねこの気持ちを想像すると、心が苦しくなります。

それでも最後は、ありのままを認めてくれる青ねこと出会えてよかったね。
子どもたちがこれまたカラフルでにぎやかだこと!

赤、オレンジ、黄、緑、青、藍色、むらさき。
みんなで並んだらまるで虹みたい!

とても気持ちのいいハッピーエンドに納得です。
だけどそれは、今の自分を否定せずに、自分を愛したあかねこだからこその結果ですよね。

「ありのままの自分に自信をもって生きること」
そんなことを伝えてくれているような素敵な絵本です。

絵本「わたしはあかねこ」の中身その2出典:サトシン,西村 敏雄『わたしはあかねこ』/文溪堂

ありのままの自分をを受け入れて生きる

人と違う生き方って、簡単ではないですよね。
はみ出して生きるのはとても勇気がいることだから。

「そんなのおかしい」
「あなたはもっとこうした方がいい」

そんな声を何度もあびせられたりして……
生き方に正解なんてないのにね。

認めてもらえないのは悲しくて。
わかってもらえないのはさみしくて。

つい迷ったり悩んだり、今の自分を否定しそうになってしまうけど。
でもね、誰かに与えられた「正しさ」に惑わされなくてもいいんです。

ぼくたちは誰かの期待に応えるために生きるわけじゃない。
他人に認めてもらうためでも、納得してもらうためでもない。

人それぞれ個性があって、みんなそれぞれ違っていて。
それを無視して、同じになんてなろうとしなくていいんですよね。

あかねこが赤ねこのままでいいように。
無理に白や黒に染まらなくてもいいように。

今の自分を否定する必要どこにもなんてなくて。
人と違うことを不安に思うことなんてなくて。

自分の生き方は、誰かに強要も矯正もされるものではないんです。
自分の人生は、自分自身でつくりあげていくものなんだから。

心の感じるままに進めばいいんだよ。
自分自身か「これでいい」と、納得のいく道を歩いていけばいい。

ありのままのあなたで幸せになれるんだから。
その道の先にはさ、あかねこみたいにハッピーエンドが待っているんだから。

以上、ありのままの自分で幸せに生きる 素敵な猫絵本『わたしはあかねこ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く