絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

次の舞台は空の上!大人気縦向き絵本の第4弾『そらの100かいだてのいえ』

絵本「そらの100かいだてのいえ」の表紙

出典:いわい としお『そらの100かいだてのいえ』/偕成社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『そらの100かいだてのいえ』のご紹介です。

大人気「100かいだてのいえ」シリーズ第4弾。
今回のお家は空の上!

シジュウカラのツピくんが、お花を咲かるために最上階を目指します。
空ならではの住人たちと、個性的なお部屋は必見ですよ。

さあ、ツピくんと一緒に、そらの100かいだてのいえへ飛び立とう!

絵本『そらの100かいだてのいえ』の情報

著者:いわい としお/作
出版社:偕成社
出版年:2017年8月
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:3歳4歳5歳
読み聞かせ:3歳から

『そらの100かいだてのいえ』のあらすじ

ある寒い雪の日のこと。
シジュウカラのツピくんがお腹をすかせていました。

食べ物を探して、みつけたのは、ひと粒のひまわりの種だけ。
それなら花を咲かせて、種を増やそうと考えます。

植える場所を探しますが、見渡すかぎりの雪景色。

すると、困っているツピくんに雪が声をかけました。
「くものなかへ いってごらん」

ツピくんが雲のなかへ飛び込むと、そこはくもさんの住むお家がありました。

なんとここは、そらの100かいだてのいえ!
種から花を咲かせるためには、100階まで行かないといけないみたい。

ツピくんは最上階を目指してのぼっていきます。

おや、11階からはあめさんのお家。
どうやら10階ごとに住人が変わるようです。

21階から30階までは、にじさんのおうち。
31階から40階までは、かぜさんのおうち。

植木鉢をもらったり、なないろビームで成長を促してもらったり。
上に行くたびに種は芽をだし、少しずつ伸びていきます。

どんどんのぼって、頂上まではあと少し。

91階からは、ひかりさんのおうち。
そしていよいよ100階に到着です。

さて、ツピくんは無事に花を咲かせることができるのでしょうか?

絵本「そらの100かいだてのいえ」の中身その1出典:いわい としお『そらの100かいだてのいえ』/偕成社

絵本『そらの100かいだてのいえ』の内容と感想

下から上へと読み進む縦向き絵本。
大人気「100かいだてのいえ」シリーズ第4弾です。

地上、地下、海に続き、今回の舞台は空の上!
主人公は、お腹を空かしたシジュウカラのツピくん。

空の上からさらに伸びる、そらの100かいだてのいえにはたくさんの住人が。
だけど今回は、今までとはちょっと違います。

動物や生き物ではなく、雲、雨、雷など、自然をモチーフにしたキャラクターたち。

1番上にはくもさん、11階からはあめさんのおうち。
21階からはにじさんと、10階ごとにちがう生き物が住んでいます。

上に行くごとにかぜさん、ゆきさん、こおりさん。
さらに上はかみなりさん、オーロラさん、くうきさん。

そして91階からはひかりさんたちが暮らしています。

各住人ごとの個性的なお部屋もみていてワクワクしちゃいますね。
絵本をとおして天気のお勉強もできちゃうかもよ。

累計270万部を超える人気シリーズ。

縦にページをめくる迫力満点の1冊。
ツピくんと一緒にお家をのぼっている気分になれる楽しい絵本です。

大勢での読み聞かせにもぴったりな大型版のビックブックもありますよ。

受賞歴

  • 第6回 静岡書店大賞 児童書・新作部門 第2位
  • 第10回 MOE絵本屋さん大賞2017 第10位
  • 第10回 MOE絵本屋さん大賞2017 パパママ賞 第3位

続編・シリーズ作品
【「100かいだてのいえ」シリーズ】

  1. 100かいだてのいえ(2008年5月)
  2. ちか100かいだてのいえ(2009年10月)
  3. うみの100かいだてのいえ(2014年6月)
  4. そらの100かいだてのいえ(2017年8月)

「100かいだてのいえ」スペシャルサイト

絵本「そらの100かいだてのいえ」の中身その2出典:いわい としお『そらの100かいだてのいえ』/偕成社

100かいだての「やさしさ」

シリーズとおして、100かいだてのいえの住人たちは親切ですよね。
『そらの100かいだてのいえ』のみんなだって、そう。

困っているという理由だけで、見ず知らずのツピくんを受け入れて。
嫌な顔ひとつみせずに無条件に助けてあげる。

なかなかできることじゃないですよね。
ぼくたちは、心のどこかで見返りや損得を考えてしまいがちだから。

もっと当たり前に助け合える世の中になればいいな。
人はひとりじゃ生きていけないからさ。

「困ったときはお互いさま」
「情けは人の為ならず」

そんな言葉もあるぐらいだしね。
まあ、それも「見返りを求めてる」ってことになってしまうのかもしれないけど。

でも、それでもいいよね。
やらない善より、やる偽善。

やさしさから笑顔がうまれて、広がっていくんだから。
そのほうが絶対、みんな幸せになれると思うんだ。

以上、次の舞台は空の上!大人気縦向き絵本の第4弾『そらの100かいだてのいえ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら いいね! してみよう

この記事が気に入ったら
 いいね! してみよう

シェアするツイートするブログの更新をプッシュ通知で受け取る

コメントを書く

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOKでコメントを書く