絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

誇りをもって働くパパはカッコいい!プロレス絵本『パパのしごとはわるものです』

絵本「パパのしごとはわるものです」の表紙

出典:板橋 雅弘,吉田 尚令『パパのしごとはわるものです』/岩崎書店

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『パパのしごとはわるものです』のご紹介です。

筋肉モリモリのやさしいパパ。
だけどその正体は、ずるい悪役レスラーだった……?!

男の子とパパの心の動き。
迫力満点のプロレスシーン。

みどころたっぷり、父と息子の絆を描いた1冊。
実写映画化も決まった人気の絵本です。

絵本『パパのしごとはわるものです』の情報

著者: 板橋 雅弘/作 吉田 尚令/絵
出版社:岩崎書店
出版年:2011年5月
ページ数:32ページ
対象年齢:5歳6歳小学校低学年大人
読み聞かせ:3歳から

『パパのしごとはわるものです』のあらすじ

学校の宿題で「おとうさんのしごと」を調べることになった男の子。
筋肉モリモリなパパだけど、どんな仕事をしているのか知りません

そこで男の子はこっそりパパの車に乗り込みます。
着いた先は、プロレスの興行が行われている大きな体育館です。

中に入って男の子が見たのは、リングの上でにらみ合うふたり。
かっこいい男の人ドラゴン・ジョージと、覆面をかぶったゴキブリマスク。

カーン!
ゴングの音が響いて、試合がはじまります!

ゴキブリマスクがずるいことをしてドラゴン・ジョージを攻めたてます。
男の子はおもわず、パパがマネをしてさけびました。

「わるいこと ばかり していると りっぱな おとなに なれないんだぞ」

するとゴキブリマスクが驚いた顔で男の子を見つめます。
マスクのなかの目は、パパの目だった……

びっくりして動揺する男の子。

そのまま試合はつづき、反撃にでたドラゴン・ジョージに、みんな大喜びです。
ゴキブリマスクは試合に負けてしまいましたが……

絵本「パパのしごとはわるものです」の中身その1出典:板橋 雅弘,吉田 尚令『パパのしごとはわるものです』/岩崎書店

絵本『パパのしごとはわるものです』の内容と感想

男の子の「ぼく」が、パパの仕事を調べに行きます。
するとなんと、パパはわるものレスラーだったなんて……

大好きなパパの正体に動揺する男の子の心の機微。
そしてパパの心情を、あたたかいタッチで描いた1冊。

迫力満点のプロレスシーンも楽しめる、人気の絵本です。

パパが実は悪者で、卑怯なことばかり。
いつもはあんなにやさしいパパなのに……

ショックで、現実を受け入れられない男の子。
そりゃあそうだよね、正義の味方にあこがれる年頃だもん。

しかも父親がゴキブリマスクって……

それにパパだって、子どもの前ではかっこいい父親でいたいよね。
息子がもう少し大きくなるまで、自分が悪役だってことを隠したかったのかな。

「わるものが いないと、せいぎの みかたが かつやくできないだろう?
みんなの ために パパは わるいことを しているんだ わかるか?」

「わかんないけど わかることにする」

帰り道を一緒に歩きながらの男同士のやりとりは、なんだかグッとくるものがります。

誇りも持って働くパパはカッコいい!
そしてわからないながらも、それを受け入れる男の子もカッコいい!

「ぼくも おおきくなったら、パパみたいな わるものに なりたいです」
最後の男の子の作文は、パパにはたまりませんね。

2018年公開予定で実写映画化も決定している話題の絵本。
父と息子の絆を描いた、とってもすてきなお話です。

続編・シリーズ作品
【「パパわる」シリーズ】
パパのしごとはわるものです(2011年5月)
パパはわるものチャンピオン(2014年5月)

絵本「パパのしごとはわるものです」の中身その2出典:板橋 雅弘,吉田 尚令『パパのしごとはわるものです』/岩崎書店

わるものはカッコいいんです!

正義の味方が活躍するには悪者が必要です。
テレビのヒーロー番組なんかだと、悪者がいっぱいいるから困らないですけどね。

だけど現実の世界にも悪役が必要なときがあるんです。
物事をうまくまわすために、誰かが悪役にならないといけないことがあって。

でもね、誰だって悪役はいや。
だって嫌われたくないもんね。

それでも誰かを引き立てるために、あえて損な役回りをかってでる。
自分の信じる正義のために、困難な道をつき進む。

ゴキブリマスクという悪者を演じる、絵本のパパみたいにさ。

みんなのために悪いことをする。
誇りをもって悪者になる。

それって最高にカッコいいことなんだよ。

いざというとき、大切な人のためなら躊躇せず悪者になれる。
ぼくもそんな大人になりたいもんですね。

以上、誇りをもって働くパパはカッコいい! プロレス絵本『パパのしごとはわるものです』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く