絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

やっぱり、ドッカーン!!大人気絵本シリーズ第4弾『ノラネコぐんだん そらをとぶ』

絵本「ノラネコぐんだん そらをとぶ」の表紙

出典:工藤 ノリコ『ノラネコぐんだん そらをとぶ』/白泉社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『ノラネコぐんだん そらをとぶ』のご紹介です。

大人気絵本シリーズの第4弾!
キュートでちょいワルな奴らが、またまた自由気ままに大暴れ。

今回は飛行場、無人島と、2つの場所でやりたい放題です!
さあ、ヤンチャでおちゃめなノラネコぐんだんの「そらのたび」をお楽しみください。

絵本『ノラネコぐんだん そらをとぶ』の情報

著者:工藤 ノリコ/作
出版社:白泉社
出版年:2016年11月
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:3歳4歳5歳
読み聞かせ:2歳から

『ノラネコぐんだん そらをとぶ』のあらすじ

わんわんちゃんの飛行場に、プロペラ機の「かもめごう」がとまっています。
そしてなにやら、ノラネコぐんだんがみています……

「ニャー、きこうき かっこいい
ニャー、ひこうき のりたいね」

ノラネコぐんだんは、整備士さんが離れたすきに、かもめごうに乗り込みます。
操縦室にはいってレバーをガッチャン!

わあっ、たいへんだ!
「ブルルーン」と、かめもごうが飛び立ちました。

だけど、ちょっと待って!
かもめごうには燃料がはいっていないんです!

このままじゃ、サメがたくさんいる海に墜落しちゃう……

幸い島をみつけて、なんとか着陸成功。
ここは無人島かな?

まずは食料さがしに、寝床の確保。
無人島の暮らしって楽しいね!

そして1年後……

すっかり毛が伸びて、まーるくなったノラネコぐんだん。
魚とバナナばっかり、毎日おなじ食べものであきちゃった。

もうそろそろ帰りたいね。
だけど飛行機は動きませんよ。

さて、どうやって帰ろうか?

絵本「ノラネコぐんだん そらをとぶ」の中身その1出典:工藤 ノリコ『ノラネコぐんだん そらをとぶ』/白泉社

絵本『ノラネコぐんだん そらをとぶ』の内容と感想

好奇心旺盛なのはいいんだけど、ノラネコぐんだんは自分に正直すぎだから……

飛行機って気になるもんね。
コクピットとか憧れちゃうし、つい触りたくなっちゃう。

わかるんだけど…
勝手に乗っていっちゃだめだよね。

しかも計画性もないもんだから、燃料切れで急降下。
不時着した無人島で、ノラネコぐんだんたちのサバイバル生活がはじまります。

どんな環境だって何とかしちゃうのが、ノラネコぐんだんのたくましいところ。
みんな各自で行動しているシーンなんて、もうみているだけでワクワクしちゃう!

そして、1年たって毛が伸びたノラネコぐんだんが、とってもかわいい!

ダメだし、おバカなんだけど、なんだか憎めない。
飛行機を盗むなんて、すっごいイタズラなんだけど許せちゃう。

まあ、いつも悪さばかりだけど、ちゃんと最後は怒られて反省……
は、してないか……

毎回おんなじことばっかりしてるもんね。

「いたずら」→「ドッカーン!!」→「反省」
今回だってお決まりのパターンですしね。

だけど「そらのたび」はオチまでに少し捻りを加えていたりするのもポイント!
まあ……結局いつもと同じなんですけど……

大人気絵本シリーズの第4弾!
親子でいっしょに笑顔になれる、とっても愉快な1冊です。

受賞歴
・第1回未来屋えほん大賞

続編・シリーズ作品
【「ノラネコぐんだん」シリーズ】

  1. ノラネコぐんだんパンこうじょう(2012年11月)
  2. ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ(2014年4月)
  3. ノラネコぐんだん おすしやさん(2015年11月)
  4. ノラネコぐんだんそらをとぶ(2016年11月)
  5. ノラネコぐんだん あいうえお(2017年4月)
  6. ノラネコぐんだん アイスのくに(2017年11月)
絵本「ノラネコぐんだん そらをとぶ」の中身その2出典:工藤 ノリコ『ノラネコぐんだん そらをとぶ』/白泉社

ときにはノラネコぐんだんを見習って……

ノラネコぐんだんが勝手に「かもめごう」に乗っていっちゃった!
そして無線からきこえてくる言葉……

「その ひこうきには ねんりょうが はいって いないんた!
まもなく プロペラが とまるぞ! どうぞ」

どうぞ、って言われてもー!
まあ、自業自得なんだけどさ。

ノラネコぐんだんの立場になって想像してみると……
考えただけでもゾッとします。

思いがけないトラブルに遭遇したときに、その人の人間性がでる、なんて言いますよね。

パニックになってオロオロしちゃうだけの人もいればさ。
ノラネコぐんだんみたいに臨機応変な行動をとれる人もいる。

ぼくはきっと前者のほうなんだと思うけど。
家族を守るためにも、ノラネコぐんだんのようにちゃんと対応しないね。

でもまあ、ノラネコぐんだんは、ぜんぜんちゃんとしてないけど……

無人島に着いてからだってそう。
悲観してたって仕方がないですから。

まずは、今の自分たちにできることから手をつける。
そして、できるかぎり今の状況楽しむこと。

ノラネコぐんだんは、いたずらばっかりで、ほんとおバカ。
基本的にはマネしちゃダメなんだけどさ……

こういう前向きでアクティブなところは、ぜひとも見習いたいもんですよね。

以上、やっぱり、ドッカーン!! 大人気絵本シリーズ第4弾『ノラネコぐんだん そらをとぶ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く