絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

七夕の短冊に込めた願い 子どもの心に寄り添う絵本『おこだでませんように』

絵本「おこだでませんように」の表紙

出典:くすのき しげのり,石井 聖岳『おこだでませんように』/小学館

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『おこだでませんように』のご紹介です。

怒られてばかりいる男の子が、七夕の短冊にお願いします。
まだうまく書けないひらがなで「おこだでませんように」と。

不安、悲しさ、無力感や苛立ち。
そんな幼い男の子の心に寄り添うようなやさしい作品。

子どもだけではなく、子育て中のママやパパにもぜひ読んでもらいたい1冊です。

絵本『おこだでませんように』の情報

著者:くすのき しげのり/作 石井 聖岳/絵
出版社:小学館
出版年:2008年7月
ページ数:32ページ
対象年齢:6歳から

『おこだでませんように』のあらすじ

いつも怒られてばかりの男の子がいます。

家では妹を泣かせて、おかあちゃんに怒られ。
学校ではお友達とケンカをしては、先生に怒られ。

それも決まって男の子だけが怒られてしまいます。

どうせ言ってもよけいに怒られるだけだから……
ぎゅっ口をつぐんで、だまって横を向いて怒られる。

昨日も今日も、きっと明日も怒られる……

「ぼくは どないしたら おこられへんのやろ。
ぼくが どないしたら ほめてもらえるのやろ。

ぼくは……「わるいこ」なんやろか……」
どうしていいのかわからず、途方に暮れる男の子……

7月7日も七夕の日。
学校で短冊にお願いごとを書くことに。

男の子は一生懸命、考えて、お願いを書き込んでいきます。
覚えたてひらがなで、ひとつずつ、心を込めて。

さて、男の子のどんなお願いを書いたのでしょう?
そしてその願いごとは叶ったのでしょうか……?

絵本「おこだでませんように」の中身その1出典:くすのき しげのり,石井 聖岳『おこだでませんように』/小学館

絵本『おこだでませんように』の内容と感想

なにかと怒られてばかりの男の子が、七夕の短冊に願いを込めるお話です。

物語は主人公の男の子による、関西弁の語り口で進んでいきます。
内容も相まって、子どもたちにとっては感情移入しやすい作品ではないでしょうか。

家では、仕事で帰りが遅い母親のかわりに妹の面倒をみたり。
学校では、クラスの女の子にカマキリをあげたり、給食を大盛りによそってあげたり。

どれも良かれと思っての行動なんだけど……
不器用だから空回りしまうんですよね。

どうせわかってもらえないと、ギュッと口をつぐんでしまう男の子は、みていて胸が苦しくなります。

元子どもとして、この気持ちすごくよくわかる。
だからこそ、大人として子どもにこんな表情はさせちゃダメだなあ、と思いますね。

子どもにも子どもなりの言い分や理由があって。
怒られたいわけでも、困らせたいわけでもないんです。

それを頭ごなしに叱ってしまうと反発して、よけいにひねくれてしまうから。
だからといって先生だって、お母ちゃんだって、怒りたいわけじゃないんですけどね。

子育て中のママやパパには、きっと心に思うところがあるのではないでしょうか。

短冊の願いは叶ったのだけど、それは七夕が起こした奇跡なんかじゃなくて。
男の子の思いが、心のこもった短冊が、先生やお母ちゃんの胸にひびいいたから。

そしてすぐに自分の非を認め、改められる先生もお母ちゃんも、素敵な大人。
大人も子どもから学ぶことって意外と多かったりするんです。

「最近怒ってばっかり……」
そんな心当たりがあるママやパパに、ぜひ子どもと一緒に読んでほしい1冊です。

受賞歴

  • 第55回 青少年読書感想文全国コンクール課題図書選定
  • 第2回 JBBY賞受賞
  • 第3回 幼稚園絵本大賞受賞
絵本「おこだでませんように」の中身その2出典:くすのき しげのり,石井 聖岳『おこだでませんように』/小学館

怒りたくないし怒られたくない

絵本『おこだでませんように』は、親になってから読むと感じ方が変わる1冊。
男の子の気持ちもわかるけど、子どもが生まれると、お母ちゃんの気持ちもわかるから。

子育てって大変だからね、親もなにかとイライラしてしまうんですよね。
怒りたくないけど、ついガミガミと言ってしまったりして。

しかも時間がないとか、手間が増えるだとか。
大人の都合である場合も少なくなったりして。

自分が子どものときは理不尽に感じていたりしたのに、大人になると忘れちゃうんだよね。

「子どもに悪いことをしてしまったかな」
「自分は子育てに向いてないんじゃないか」

なんて、あとになって自己嫌悪を感じることもあったりして……

甘やかすのが良いわけではないけどさ。
いつも怒ってばかりだと、絵本の男の子みたいなつらい思いをさせてしまうから。

親として大切なのは、心に余裕を持つことだったりするのかな。

あんまり余裕がないとすぐにイライラしちゃうしね。
ピリピリしてると親も子どもも居心地がよくないですもん。

まず、頑張りすぎずないこと。
いい親であろうとしないこと。

子育てってさ、肩の力を抜いてほどほどぐらいで丁度いいんだよね。

以上、七夕の短冊にこめた願い 子どもの心に寄り添う絵本『おこだでませんように』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く