絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

思いを伝える大切さを教えてくれる名作絵本『ずーっとずっとだいすきだよ』

絵本「ずーっとずっとだいすきだよ」の表紙

出典:ハンス・ウィルヘルム『ずーっとずっとだいすきだよ』/評論社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『ずーっとずっとだいすきだよ』のご紹介です。

男の子の「ぼく」と、犬のエルフィー、兄弟のように育った仲よしな2人の物語。
そして、生き物と一緒に暮らせば必ず訪れる「死別」をテーマにしたお話です。

「大切な相手には、思いを言葉にして伝えよう」
そんなことを考えさせられる、あたたかい1冊。

小学校の教科書に採用された名作絵本です。

絵本『ずーっとずっとだいすきだよ』の情報

原題:I’ll Always Love You
著者:ハンス・ウィルヘルム/作 久山 太市/訳
出版社:評論社
出版年:1988年11月
ページ数:30ページ
おすすめ対象年齢:6歳小学校低学年大人
読み聞かせ:5歳から

『ずーっとずっとだいすきだよ』のあらすじ

男の子の「ぼく」と、犬のエルフィーは子どものころからずっと一緒。
毎日一緒に遊んで、一緒に夢を見て、一緒に大きくなりました。

リスを追いかけるのが好きなエルフィー。
ママの花壇を掘り返したり、時々悪さをして怒られることもあったよね。

それでもお兄さんや妹、家族みんなエルフィーのことが大好きでした。

時が経って、男の子の背がエルフィーより大きくなって。
犬のエルフィーは、男の子よりも早く成長して、早く歳をとってしまいました。

しだいに寝ていることが多くなり、散歩を嫌がるようになった……
そしてまもなく階段ものぼれなくなってしまいました……

「エルフィー、ずーっと、だいすきだよ」
男の子は寝る前に必ずエルフィーに言ってあげました。

家族もエルフィーのことを大好きでしたが、誰もそれを口に出しては言いませんでした。

そしてある朝、目を覚ますとエルフィーが……

絵本「ずーっとずっとだいすきだよ」の中身その1出典:ハンス・ウィルヘルム『ずーっとずっとだいすきだよ』/評論社

絵本『ずーっとずっとだいすきだよ』の内容と感想

犬や猫、生き物を飼った人なら必ず経験する「死別」をテーマにした作品。
ペットであり、家族でもある動物との別れは、本当に悲しくて……

せめて「愛している」と言葉で伝えておけばよかった。
エルフィーの死がきっかけで、男の子の家族と一緒に「伝えることの大切さ」を考えさせられます。

「すきなら、すきと いってやればよかったのに だれも、いってやらなかった。いわなくっても、わかると おもっていたんだね。」

この言葉が絵本の本質であり、とっても大切なポイント。
死んでしまってからでは、もう「好きだ」と言えなくなってしまうから。

男の子にとって救いは、ちゃんと思いを伝えていたこと。
だから深い悲しみのなかでもエルフィーの死を受け入れることができたんじゃないのかな。

エルフィーはきっと最後まで幸せだったよね。

男の子がエルフィーのことを「世界で1番すばらしい犬」言ったようにさ。
エルフィーも、すてきな飼い主であり友だちの男の子と一緒に過ごせたんだから。

そして、エルフィーが亡くなってからの、ラストの展開もすてき!
もう犬は飼わないではなく、エルフィーへの妙な罪悪感もなくて、未来への前向きさが気持ちいいですね。

エルフィーの「死」という悲しい結末だけど、やさしさと希望が感じられる終わり方です。

犬を飼っている人や、飼った経験がある人には、涙なしでは読めません!
小学校の教科書に採用された名作絵本です。

受賞歴

  • 教科書「こくご1」(光村図書)採用
  • 全国学校図書館協議会選定図書
  • 日本図書館協会選定図書
絵本「ずーっとずっとだいすきだよ」の中身その2出典:ハンス・ウィルヘルム『ずーっとずっとだいすきだよ』/評論社

ちゃんと言葉にして伝えなきゃね

「言わなくてもわかってくれる」
ぼくたちはつい、そんなふうに考えてしまいがち。

でもね、言わなきゃ伝わらないことがあるんです。
たとえ伝わっていても、言葉にしてもらいたいときだってあるんです。

大切な相手が、思いを伝えられる距離にいる。
それって、けっして当たり前なんかじゃないから。

「あのとき言っておけばよかった」
そうやって後悔してからでは遅いですもんね。

「大好きだよ」
「大切に思っているよ」

大好きな人には「だいすき!」を伝えよう。
大切な人には「たいせつ!」な気持ちを言葉にしよう。

はじめはちょっと照れくさいかもしれないけどさ。
なんにも恥ずかしがる必要なんてないんだから。

エルフィーに「だいすき」を伝えつづけた男の子みたいに、ちゃんと言葉にしてね。

言語の違う人と犬でも通じ合えるんだから。
人と人ならもっと簡単に心に届くはず。

子どもに、旦那さん、奥さん、両親に、友達に。
すべての大切な人たちに言葉にして伝えようようよ。

「ずーっとずっと、だいすきだよ」ってね。

以上、思いを伝える大切さを教えてくれる名作絵本『ずーっとずっとだいすきだよ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く