絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

猫たちの秘密、教えます 猫好きによる猫好きのための猫絵本『ネコヅメのよる』

絵本「ネコヅメのよる」の表紙

出典:町田 尚子『ネコヅメのよる』/WAVE出版

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『ネコヅメのよる』のご紹介です。

ある日の夜。
猫たちが空を見上げると、そこには……

猫の秘密が描かれた、猫好きならニヤリとしてしまうような1冊。
ファンタジックな猫たちの夜のお話です。

愛猫家としても有名な画家、町田尚子が贈る、猫好きによる猫好きのための絵本。

絵本『ネコヅメのよる』の情報

著者:町田 尚子/作
出版社:WAVE出版
出版年:2016年5月
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:4歳、5歳、大人
読み聞かせ:3歳から

『ネコヅメのよる』のあらすじ

お昼寝中に「おや?」
毛づくろいの途中に「あれ?」

ある日、ネコは気付きます。
「もしかして……そろそろかもしれない」

そしてその夜。

「まちがいない こんやだ」
確信した猫は、そうっと家を抜けだし出かけていきます。

大急ぎで外に出ると……

あっちからもネコ。
こっちからもネコ。

大勢のネコは、みんなどこかへ向かっているようです。

1カ所に集まり、空を見上げるネコたち。
そして、夜空をおおった雲が風に流されて……

「わあ! でた!」
興奮したネコたちが一斉に立ち上がります。

そこに浮かんでいたのは……

絵本「ネコヅメのよる」の中身その1出典:町田 尚子『ネコヅメのよる』/WAVE出版

絵本『ねこづめのよる』の内容と感想

表紙は、ちょっぴり怪しげでミステリアスな雰囲気。
なんだか怖そうな絵本……

いえいえ、そんなことはありませんよ!

写実的に描かれた猫、ねこ、ネコ。
かわいい猫がたくさん登場する絵本なんですから。

この絵本は猫好きによる猫好きのための絵本。
ファンタジックな猫たちの夜のお話です。

迫力満点どアップの猫の顔など、アングルも特徴的。
少ない文章で構成されていて、その分、魅力的なイラストに引き込まれます。

そして猫たちが見上げていたのは……
空に浮かぶ三日月……ではなくて、ネコの爪!

そう、ソワソワした猫が心待ちにしていたのは、絵本のタイトルにもある「ネコヅメのよる」

さながら、猫たちの皆既月食みたいなものなのかしら。
興奮して立ち上がった猫たちの表情もたまりませんね。

さらにページの隅々までよーく見ると、著者の相当な猫好きが伺えます。

どの部屋にも無造作に置かれた猫じゃらし。
ごはん皿のそばには食べこぼし、猫用ドアに猫トイレ。

猫好きならば納得の細かい描写もみどころです。

おまけに、たくさん集まった猫たちの中には、地域ネコの印である耳先カットの猫までいて。
ほんと細かいところまでこだわって描かれているのもポイント。

ちなみに主人公猫のモデルは、著者の飼い猫であるスコティッシュフォールドの「白木」さん。

猫がすき! ちょー猫がすき!!
そんな人にぜひ1度は読んでほしい、おすすめの猫絵本です。

受賞歴

  • 第9回 MOE絵本屋さん大賞2016 第6位
  • わかやま絵本大賞2017 第3位
  • 第27回 けんぶち絵本の里大賞 びばからす賞
絵本「ネコヅメのよる」の中身その2出典:町田 尚子『ネコヅメのよる』/WAVE出版

三日月……じゃなくて、猫の爪

月の模様がウサギにみえる、なんてのはよく聞く話。
だけど三日月が猫の爪にみえる、はあまり聞いたことありませんよね。

でももしかしたら、ぼくたち人間にはみえないだけなのかも。
猫にはちゃんと猫の爪にみえているのかもしれないね。

もちろん人と猫では見えている景色か違う。
だけどおなじ人間同士だって、一人ひとり違って見えていたりして。

ぼくたちが見ている世界って、きっとみんな一緒じゃない。
自分の考えや価値観というフィルターをとおしてみているものだから。

それこそ猫好きな人には三日月が猫の爪にみえたりさ。
案外、おなじ人だって、その時々で違っているのかも。

知らなければ何とも思わなかったことでもね。
1度意識してしまうと、そうとしか見えなくなることもあって。

もしかしたら、これから三日月を見るたびに猫の爪にみえるかもしれないよ。

三日月が猫の爪にみえる。
まあ、たまにはそんな夜があってもいいよね。

以上、猫たちの秘密、教えます 猫好きによる猫好きのための猫絵本『ネコヅメのよる』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く