絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

うっかり屋さんが大活躍 イギリス生まれのロングセラー猫絵本『わすれんぼうのねこモグ』

絵本「わすれんぼうのねこモグ」の表紙

出典:ジュディス・カー『わすれんぼうのねこモグ』/あすなろ書房

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『わすれんぼうのねこモグ』のご紹介です。

忘れん坊で愛嬌たっぷりな、ねこのモグ。
いつも失敗ばかりのうっかり屋さんが、大活躍します。

イギリスで、1970年の発刊以来35年以上も読まれているロングセラー。
世界中で愛されているぽっちゃりねこのお話です。

絵本『わすれんぼうのねこモグ』の情報

原題:Mog the Forgetful Cat
著者:ジュディス・カー/作 斎藤 倫子/訳
出版社:あすなろ書房
出版年:2007年10月
ページ数:40ページ
対象年齢:小学校低学年から

『わすれんぼうのねこモグ』のあらすじ

トーマス家の飼われている、ねこのモグ。
うっかり屋さんで、ちょっぴりおデブ。

そしてなにより、とっても忘れん坊。

ごはんを食べたことを忘れて、何度もおねだりしたり。
ねこ用のドアの存在を忘れてしまって家に入れなくなったり。

あまりかしこいねことは言えませんが、大事な家族の一員です。

だけど近頃、ドジばかり。

「まったく もう!こまった ねこだ!」
おとうさんやおかあさんから叱られます。

そのたびに子どもたちの、ニッキーとデビーにかばってもらっていたのだけど……
とうとう、デビーまで怒られてしまいました。

庭に飛び出してお家に入れなくなったモグ。

明かりのほうをみると……おうちのなかに泥棒が!
そうとは知らないモグは、窓を開けてもらおうと大きな声をだしますが……

絵本「わすれんぼうのねこモグ」の中身その1出典:ジュディス・カー『わすれんぼうのねこモグ』/あすなろ書房

絵本『わすれんぼうのねこモグ』の内容と感想

ちょっぴりおバカでかわいい、ぽっちゃりねこのモグ。
うっかり屋で忘れん坊なところがが幸いして、大活躍する物語。

物忘れが激しくて、今までやっていたことすぐに忘れてしまったり。
そのうえ、うっかり屋さんで、踏んづけてお花を枯らしてしまったり。

彼女自身にまったく悪気はないんだけどね……
失敗続きで、いつの間にかみんなを怒らせてしまいます。

それでものんびりした性格なのか、怒られたこと自体を忘れているのか……
本人はいたってのほほんと過ごしていますよね。

そしてタイトルどおり、モグの忘れん坊加減がなかなかすごい!

ごはんを食べたのを忘れるのはまだわかるとして。
自分が飛べないことを忘れて、空を飛ぼうとするのはさすがにバカすぎるでしょ……

まあでも、かわいいから許しちゃう!

そして最後のページの、モグのドヤ顔がなんともたまりません。
もう、モグをみているだけで癒されちゃいますね。

1970年にイギリスで刊行されて依頼、世界中でずっと愛され続けているロングセラー絵本です。

続編・シリーズ作品
【「わすれんぼうのねこモグ」シリーズ】

  1. わすれんぼうのねこモグ(2007年10月)
  2. モグのクリスマス(2007年11月)
  3. モグといたずらぎつね(2007年12月)
  4. モグとうさポン(2008年3月)
  5. モグ そらをとぶ(2008年5月)
絵本「わすれんぼうのねこモグ」の中身その2出典:ジュディス・カー『わすれんぼうのねこモグ』/あすなろ書房

うっかり忘れは誰にでもあるもんだ

みなさんは記憶力がいいほうですか?
それともよく物忘れしちゃうほうですか?

絵本のモグじゃないけどさ、つい忘れちゃうことってありますよね。

何度も同じミスを繰り返すのもどうかと思うけどさ。
誰だってうっかりすることぐらいありますもんね。

だって人間だもの。

だからね、ゴミの日にゴミを出し忘れることもあるんです……
玄関までゴミ袋を運んで、そのまま忘れちゃうことだってあるんです……

だって人間だもの。
つい、うっかりしちゃうことってあるんですよ!

だからさ、そういうときは怒っても仕方がないと思うんです。

ぼくだって、モグだって、悪気があってやってるんじゃないんですから。
あっ、あくまでも一般論ですよ!

だからまあ……あまり怒らないでほしいな……

はい、ごめんなさい。
以後、忘れないように気をつけます……

以上、うっかり屋さんが大活躍 イギリス生まれのロングセラー猫絵本『わすれんぼうのねこモグ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く