絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

おやつの中に入っちゃえ!食いしん坊のユーモア絵本の第2弾『あま〜いしろくま』

絵本「あま〜いしろくま」の表紙

出典:柴田 ケイコ『あま〜いしろくま』/PHP研究所

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『あま~いしろくま』のご紹介です。

「なかに はいってみたら どんな かんじかな?」
食いしん坊なしろくまの思いつきからはじめる、愉快な妄想物語の第2弾!

今回のテーマは「おやつ」です。
またもや、しろくまくんがおやつの中に入って、全身で甘さを味わいますよ。

読み聞かせしていると、ついおやつに手が伸びちゃうかも……!?
おバカなしろくまに癒やされる、ユーモアたっぷりの1冊です。

絵本『あま~いしろくま』の情報

著者:柴田 ケイコ/作
出版社:PHP研究所
出版年:2017年8月
ページ数:32ページ
対象年齢:4歳から

『あま~いしろくま』のあらすじ

おやつを食べるのがだ〜い好きなしろくま。
みんなから「くいしんぼうのしろくま」って呼ばれています。

3じのおやつになると、大きな声で「やったー! ! 」っていっちゃうよ。
そんなある日、しろくまは思いました。

「だいすきな おやつの なかに はいってみたら どんな かんじかな?」
想像しただけでヨダレがでちゃう……

さあ、しろくまの幸せな想像がはじまります。

まずは、ぷるんぷるんの「プリン」の中に入ってみるよ。
カラメルソースがちょっぴりほろ苦、大人の味だね。

お次は、ふわふわあったかい「ホットケーキ」に寝そべってみるよ。
ハチミツとバターを一緒に食べれば、ほっぺが落ちちゃう!

ロールケーキ、かきごおり、たいやき、ドーナツ、せんべい……
おいしそうな想像は、まだまだ止まりそうにありません。

最後はバナナ。
皮をむいて、ぱくっ!

あれ、バナナっておやつにはいるのかな……?

絵本「あま〜いしろくま」の中身その1出典:柴田 ケイコ『あま〜いしろくま』/PHP研究所

絵本『あま~いしろくま』の内容と感想

食いしん坊なしろくまの、妄想ユーモア絵本第2作め!
今度はあま~いおやつの中にはいっちゃいますよ。

ほんと『あま~いしろくま』のタイトルどおり、なかに入ったり、挟まれたり、浮かんだり。
前作に続いて、どのおやつにもおいしそうに紛れ込んでいます。

中に入ったしろくまが、もう幸せそうで、こっちまで笑顔になっちゃう。
しかもあいかわらず、白い体が妙にマッチして違和感がないんです。

なぜかまた途中から、ちゃっかり家族も混じっているのもおかしいですね。

さあ、しろくまの妄想の舞台はプリン、ホットケーキ、ロールケーキ。
続いて夏の定番かきごおり、たいやき、ドーナツ。

ちょっと塩っ気にせんべいを挟んでおいて。

アイスクリーム、フルーツポンチ、わたあめ。
キャンディ、クッキー、そしてバナナ……

最後は妄想ではなくて、ママからのしろくまの形をしたお誕生日ケーキで締めくくり!
背表紙にメロンソーダがるのもポイントです。

そんな、ちょっとおバカで愛らしい、食いしん坊の愉快な絵本。
しろくまにつられて、甘いものの食べ過ぎには気をつけてくださいね。

続編・シリーズ作品
・おいしそうなしろくま(2017年1月)

絵本「ま〜いしろくま」の中身その2出典:柴田 ケイコ『あま〜いしろくま』/PHP研究所

あま~い誘惑にご用心

ぼくたちは、何度敗北してきたんだろうか……

「ダイエットは明日から」
そう言って、どれくらいの月日がたったのだろう……

止められない間食。
逃げられないおやつの誘惑。

だってスイーツは別腹なんだもの……
しろくまが中に入ってみたくなる気持ちだってわかりますよね。

もうね、毎日精一杯生きていると疲れるんですよ。
疲れたら甘いものが食べたくなる。

甘いものを食べたら塩気が欲しくなる。
塩気の次はやっぱり甘いものが食べたくなる。

終わらないループ……

もうこれは仕方のないことなのかもしれない。
僕のお腹がポヨポヨなのも、仕方がないことなのかもしれない

でもね、いいじゃない!
たった1度の人生だもの!

好きなことを我慢するなんておかしいよね。
自分にうそをつく必要なんてないんだから。

なんて、自分を甘やかしてバカなことばかり言ってるとさ。
ぼくみたいな白くまボディーが出来あがりますのでご注意ください。

以上、おやつの中に入っちゃえ!食いしん坊のユーモア絵本の第2弾『あま〜いしろくま』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く