絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

何よりも大切なあなたへ 誕生の喜びと愛情を伝える絵本『うまれてきてくれてありがとう』

絵本「うまれてきてくれてありがとう」の表紙

出典:にしもとよう,黒井 健『うまれてきてくれてありがとう』/童心社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『うまれてきてくれてありがとう』のご紹介です。

ただただ純粋に、生まれてきたわが子を思う言葉。
「うまれてきてくれてありがとう」

そんな親から子へ伝える愛のメッセージ。
かけがえのない命の誕生を喜びあうような、幸せに包まれる1冊です。

絵本『うまれてきてくれてありがとう』の情報

著者:にしもとよう/作 黒井 健/絵
出版社:童心社
出版年:2011年4月
ページ数:32ページ
対象年齢:2歳から

『うまれてきてくれてありがとう』のあらすじ

神様から「生まれていいよ」と言ってもらった、赤ちゃん。

ママを探して、くまくんに訪ねてみます。
「ぼくの ママ しらない?」

きみのママは知らないけどと、くまくんま自分のママを紹介してくれます。

くまくんのママはくまくんを見つけると、ぎゅうっと抱きしめて言うのです。
「うまれてきてくれて ありがとう」

ごりらくん、ぶたくんたち、ふくろう兄弟。
誰にきいても赤ちゃんのママを知りません。

だけどみんな自分のママに会わせてくれ、どのママも愛情であふれています。
やさしくキスをしたり、お腹いっぱいおっぱいを飲ませてくれたり。

そして最後に「うまれてきてくれて ありがとう」とささやく。

「ママ どこに いるんだろう」
不安になる赤ちゃん……

そしてまんまるお月さまの夜、ついにママをみつけます!

「トク トク ドックン」
ママのぬくもりを感じながら、うぶ声をあげる赤ちゃん。

あの言葉を言ってもらいたくて……
「うまれてきてくれて ありがとう」

絵本「うまれてきてくれてありがとう」の中身その1 出典:にしもとよう,黒井 健『うまれてきてくれてありがとう』/童心社

絵本『うまれてきてくれてありがとう』の内容と感想

生まれてくる男の子の赤ちゃんが、ママを探して誕生するまでのお話。

神様からOKをもらい、生れる準備の整った赤ちゃん。
だけど肝心のママがどこにいるのかわかりません。

出会った動物たちに尋ねてみても、誰も知らなくて。
みんなのママをみては、余計に早く会いたくなって。

そして最後は祝福されながら、ママの子供として、この世に生を受けます。

赤ちゃんのママも、動物のママたちも、みんな口をそろえて言う。
「うまれてきてくれて ありがとう」という言葉が印象的です。

きっと親ならだれもが抱く、愛情いっぱいのひとこと。
そして子どもにとっても、心が満たされる魔法の言葉。

淡い色使いと繊細なタッチで描かれたやさしいイラストが、さらにやさしい気持ちにさせてくれますね。

「たったひとりのかけがえのない存在」
「何よりも大切なママとパパの宝物」

そんなメッセージが絵本のなかにあふれてます。

現役のママさんや、これからママになる人に読んでほしい。
そして大切なわが子に、ママから子どもへ、読み聞かせてあげてほしい1冊です。

絵本「うまれてきてくれてありがとう」の中身その2出典:にしもとよう,黒井 健『うまれてきてくれてありがとう』/童心社

うまれてきてくれて ありがとう

十月十日の妊娠期間を経て、やっと出産。
しかもその期間、つわりや重いお腹を抱えて苦労も多くて。

だからもちろん、ママは大変でとっても偉い。
そしてママと同じくらいか、それ以上に大変なのが赤ちゃん。

何時間もかけて狭い産道を通って。
きっと痛くて苦しくて、それでもがんばって。

絵本の赤ちゃんだってママを探してがんばりましたよね!

出てきたところは、何もかもがはじめての世界。
訳もわからず泣くことしかできなくて。

そんな赤ちゃんにとって何より安心できるのがママの存在。
お腹の中でずっと聞いていた声、ずっと包んでいてくれた鼓動のリズム。

その小さな命にとってママはやっぱり特別なんです。

男のぼくは、ただただ無力で。
見守って、励ますことしかできないのだけれど。

せめて、たくさんの愛情を注いで、家族を守れる父親でありたいと思います。

今はただ、娘に伝えたい。
「生まれてきてくれて、ありがとう」

そして奥さんに伝えたい。
「産んでくれて、ありがとう」

大切な家族のために、パパがんばるよー!

以上、何よりも大切なあなたへ 誕生の喜びと愛情を伝える絵本『うまれてきてくれてありがとう』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く