絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

はっしゃ おうらい! 赤ちゃんがよろこぶ乗り物絵本『でんしゃ』

絵本「でんしゃ」の表紙

出典:バイロン・バートン『でんしゃ』/金の星社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『でんしゃ』のご紹介です。

内容も絵もシンプルで、0歳から読めるおすすめ作品。
電車に興味を持ちだした1歳、2歳ぐらいの子どもに読み聞かせてあげたいですね。

さあ、今日も元気に「はっしゃ おうらい!」
赤ちゃんがよろこぶ乗り物絵本をご紹介します。

絵本『でんしゃ』の情報

原題:TRAINS
著者: バイロン・バートン/作 こじま まもる/訳
出版社:金の星社
出版年:1992年5月
ページ数:ページ
対象年齢:0歳から

『でんしゃ』のあらすじ

線路の上を電車が走ります。
野をこえ山をこえ、乗客をいっぱいのせて走ります。

となりでは貨物列車がいろんなものを運んでいるよ。

バナナやオイル、石炭にトラック。
1番うしろは車掌さん。

蒸気機関車、ケムリがモクモク。

夜です。
それでも電車は走りつづけます。

トンネルとおって踏み切りわたり、どんどん走る。
街のなかもスイスイ走る。

駅に到着です。
客さんが降りたり乗ったり、にぎやかだね。

「はっしゃ おうらい!」
電車はスピードをあげて走ります。

絵本「でんしゃ」の中身その1出典:バイロン・バートン『でんしゃ』/金の星社

絵本『でんしゃ』の内容と感想

「バートンの のりものえほん」シリーズの1冊。

表紙をめくると書かれている「はじめて であう のりものえほん」
そのキャッチコピーどおり、0歳、1歳から読み聞かせてあげられる内容です。

シンプルなストーリーに単純な文章が小さな子どもにぴったり。

一つひとつがわかりやすく、太い線で描かれているのもおすすめポイント。
カラフルでかわいらしくデフォルメされたイラストも、赤ちゃんの心をとらえますね。

電車が線路を走り、山を越え、途中ではいろんな種類の電車やとすれ違います。
線路で働く人々の横を走り抜け、そして街を通り、駅に到着です。

さらに夜の線路を走る電車や、乗客のようすも描かれています。
絵本を読んでいるうちに、本当に電車に乗っているみたいに錯覚してしまいそう。

シンプルながら何度繰り返し読んでも飽きさせない、魅力的な1冊です。

原書はアメリカの絵本なので、英語学習の入り口として英語版もおすすめ。
電車に興味を持ちだした1歳、2歳ぐらいの子どもに読み聞かせてあげたい絵本です。

続編・シリーズ作品
【「バートンの のりものえほん」シリーズ】

  1. でんしゃ(1992年5月)
  2. とらっく(1992年5月)
  3. ひこうき(1992年5月)
  4. ふね(1992年5月)
絵本「でんしゃ」の中身その2出典:バイロン・バートン『でんしゃ』/金の星社

電車は今日も走ります

電車があるのは当たり前。
でもね、その「当たり前」があるのは、誰かが働いてくれているから。

山から山へ、町から町へ線路をつないでくれた人がいて。
そしてその線路を点検したり修理してくれてるい人がいる。

もちろん電車を操縦する車掌さんも毎日がんばってくれていて。
駅では駅員さんがみんなを守ってくれている。

そうして、たくさんの人たちによって便利な暮らしがあるんだよね。
いろんな人たちのおかげで「当たり前」が成り立っている。

それは電車だけにかぎったことじゃない。

ぼくたちが当たり前だと思っていること。
それは全然当たり前なんかじゃないのかもしれないね。

支えられて、助けられて、ぼくたちは生きていて。
そしてきっと、自分自身もどこかで誰かの役に立っている。

レールのしかれた人生なんていうけどさ。
そのレールだって、誰かがしいてくれたから存在するんだよ。

「当たり前」ではなく、感謝の心を持っていたいよね。
ぼくたちは、ひとりでは生きているんじゃないんだから。

以上、はっしゃ おうらい! 赤ちゃんがよろこぶ乗り物絵本『でんしゃ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く