絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

1時間100円で友だちに!? キツネとオオカミの人気絵本『ともだちや』

絵本「ともだちや」の表紙

出典:内田 麟太郎,降矢 なな『ともだちや』/偕成社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『ともだちや』のご紹介です。

大人気「おれたち、ともだち!」シリーズの第1弾。
1時間100円でお友だちになる「ともだちや」をはじめたキツネのお話。

「友だち」って売れるのかな? 買えるのかな?
親子で「友だち」について考えさせられるロングセラー絵本です。

絵本『ともだちや』の情報

著者:内田 麟太郎/作 降矢 なな/絵
出版社:偕成社
出版年:1998年1月
ページ数:32ページ
おすすめ対象年齢:5歳6歳
読み聞かせ:3歳から

『ともだちや』のあらすじ

「ともだちや」をはじめることを思いついた寂しがりやのキツネ。
1時間100円、2時間で200円でお友だちになってあげるのです。

「ともだちや」と書かれたのぼりを頭につけて。
両手に提灯もって、声を張りあげ歩きます。

「えー、ともだちやです。
ともだちは いりませんか」

はじめてのお客さんは大きなクマです。
一緒にご飯を食べる友だちがほしかったみたい。

だけどクマの好物のイチゴもハチミツもキツネには
ほんとは食べなくなかったけど、愛想笑いで乗りきります。

しくしくとお腹の具合が悪くなりながらもお代の200円をもらいました。

「おい!キツネ」
お次はオオカミに呼ばれてトランプの相手をすることに。

楽しく遊んだあと、キツネがオオカミにお代を請求すると……
「お、おまえは、ともだちから かねを とるのか。それが ほんとうの ともだちか」

怒鳴られてキツネは気がつきました。
本当のお友だちはお金をとらなくてもつくれるのだと……

絵本「ともだちや」の中身その1出典:内田 麟太郎,降矢 なな『ともだちや』/偕成社

絵本『ともだちや』の内容と感想

大人気「おれたち、ともだち!」シリーズ第1弾。
「ともだちや」を思いついたキツネが、オオカミと本当の友情をきずくお話です。

ちょっぴり個性的な衣装のキツネのコミカルさが可愛らしい!
ストーリーはもちろん、迫力満点なオオカミの見開きもみどころの1冊です。

キツネは寂しくてお友だちが欲しかったんですよね。
誰だってひとりぼっちはさみしいもん。

だから「ともだちや」をはじめて友だちをつくろうとした。

まあ、友だちってお金で買えるものじゃないんだけどね
それでも、オオカミとほんとうの友だちになれたんだから結果オーライなのかな。

きっかけなんて何でもいいんです。
「噓から出たまこと」なんて言葉もあるんだから。

偽物の友だちから本当の友だちができたっていいよね。

そしてきっと、また新しいお友だちだってつくれるようになる。
だってキツネにはもう「ともだちや」の、のぼりは必要ないんだから。

NHK「てれび絵本」でも放送された人気作。
親子で「友だち」について考えさせられるロングセラー絵本です。

大勢での読み聞かせにもぴったりな大型版のビッグブックもありますよ!

受賞歴

  • 全国学校図書館協議会選定
  • 日本図書館協会選定

続編・シリーズ作品
【「おれたち、ともだち!」シリーズ】

  1. ともだちや(1998年1月)
  2. ともだちくるかな(1999年2月)
  3. あしたもともだち(2000年10月)
  4. ごめんねともだち(2001年3月)
  5. ともだち ひきとりや(2002年2月)
  6. ありがとうともだち(2003年6月)
  7. あいつもともだち(2004年10月)
  8. ともだち おまじない(2006年11月)
  9. きになるともだち(2008年9月)
  10. ともだちごっこ(2010年3月)
  11. よろしく ともだち(2012年5月)
  12. いつだって ともだち(2016年2月)
  13. さよならともだち(2018年2月)
絵本「ともだちや」の中身その2出典:内田 麟太郎,降矢 なな『ともだちや』/偕成社

今日からみんなで「ともだちや」

「友だち」って何なんだろうね?
絵本の「ともだちや」みたいに売ったり、買ったりするものじゃないのはわかるけど。

じゃあ、どうやったらできるんだろうね?
「友だちのつくり方」なんて誰かが教えてくれるわけでもないし。

そう考えたら「ともだちや」って実はいいアイデアなのかも。
だって友だちができて、さらにお金までもらえるんだから!

うーん、だけどやっぱり違うのかな……

だってお金をもらったらお客さんになっちゃうから。
それって対等な関係ではないもんね。

キツネとクマのように、どちらか一方が我慢しなくちゃいけない関係ではなくて。
キツネとオオカミみたいに、言いたいことを言いあえる仲じゃなきゃ。

「友だち」って対等な間柄なんだからさ。

友だちをつくりたかったらね、キツネのマネをしてみればいいんじゃないかな。
もちろん、お金をとるんじゃなくてね。

「なんじかんでも ただ。まいにちでも ただです」ってさ。

以上、1時間100円で友だちに!? キツネとオオカミの人気絵本『ともだちや』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら いいね! してみよう

この記事が気に入ったら
 いいね! してみよう

シェアするツイートするブログの更新をプッシュ通知で受け取る

コメント & トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Thank you for this post. Its very inspiring.

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く