絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

こわーい泥棒のやさしいお話 人気の名作絵本『すてきな三にんぐみ』

2017年1月5日

絵本「すてきな三にんぐみ」の表紙

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は絵本『すてきな三にんぐみ』のご紹介です。

黒いマントに黒い帽子、三人組の泥棒たちのお話。
前半の暗い怖いイメージから、なんとなんと、物語は意外な展開に。

読み終わる頃には、こわーい三人組が素敵な三人組に変わります。
怖がらずに最後まで読んでほしい、長年愛され続ける名作絵本です。

絵本の情報

原題:The Three Robbers
著者:トミー・アンゲラー/作 今江 祥智/訳
出版社:偕成社
出版年:1969年12月
ページ数:38ページ
対象年齢:4歳から

あらすじ

黒マントに黒ぼうしの三にんぐみのどろぼうがいました。
こわーい泥棒たちはみっつの脅しの道具を使います。

ひとつめはラッパ銃。
ふたつめはこしょう。・吹付け。
そしてみっつめは真っ赤な大まさかり。

道具を駆使してどろぼうたちは、夜な夜な宝集めに夢中です。

金銀、宝石、指輪にお金にきび飾り。
奪った宝はぜんぶ隠れ家にため込んで。

ある日、いつものように馬車をとめたけど、とれるものがありません。
なんと代わりに女の子のティファニーちゃんをさらってしまいます。

翌朝、目を覚ましたティファニーちゃん。
宝の山に気がついて三にんぐみに質問します。

「まぁぁ、これ、どうするの?」

尋ねられた三にんぐみは顔を見合わせて困ってしまいます。
だって使いみちなんて考えてなかったんだから……

そこで三にんぐみは素敵なことを思いつきます。

全国から孤児を集めて、おそろいの赤いマントに赤い帽子。
みんなで一緒に暮らせるお城までプレゼント!

子どもの数はどんどん増えて、お城の周りに村ができて……

絵本「すてきな三にんぐみ」の中身その1

内容と感想

黒を基調とした色づかい。
三人組の睨みつけるような目眼差し。

この絵本、表紙からまず「怖そう……」と思ってしまいますよね。

絵本の前半もお宝を奪ったり、馬車を壊したり。
怖いのは苦手だからと、ペラペラと数ページめくって敬遠する人もいるかも……

「さらに人さらいまで!」と思ったあたりから物語は大きく動きます。
いつのまにやら素敵ないいお話になって、最後はハッピーエンド。

なんとも意表をつかれた展開にくぎ付けになります。
怖いお話を予想していただけによけいに三人組が素敵にみえるかも?!

勇気を出して読んでほしいロングセラーの絵本です。

受賞歴

  • 全国学校図書館協議会選定
  • 日本図書館協会選定
  • 厚生省中央児童福祉審議会特別推薦
  • 国際アンデルセン賞・画家賞・次席

絵本「すてきな三にんぐみ」の中身その2

それって、ほんとうに必要なのかな?

人って欲深い生き物だから、僕たちはつい多くを求めてしまいがち。

お金、地位や名誉。
たくさんの物や高級な物。

みんな同じものを同じように欲しがって。
人によって必要なものも、必要な量も違うはずなのにね。

誰も彼も必死になって欲しがるけれど何のため?
どうしてそんなに手に入れたいんだろう?

「あの人だって持っているから」
「セールで安く買えるから」

それって、ほんとうに必要なのかな?

手に入れば幸せになれるかも……
それがなければ不幸になってしまうから……

きっとそれって、ただの思い込み。
案外なくてもちっとも困らない。

ほんとうは必要じゃないものを手に入れることに夢中になって。
ほうとうに大切にしないといけないものをないがしろにして。

人生は有限で、ぜんぶはできないから。

三にんぐみのどろぼうたちもきっと同じ。
手段が目的になってしまって、理由もわからずため込んで。

まあ、彼らは最終的に素敵な使い道ができてよかったんだけどね……

ぼくはなんかは、必要なものだけでシンプルに暮らしていけたらなあ、と思うわけです。
だって分け合えば足りる量でも、奪い合えば足りなくなってしまうから。

以上、こわーい泥棒のやさしいお話 人気の名作絵本『すてきな三にんぐみ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。
    絵本が大好きです。これからもステキな絵本紹介してくださいね。応援しています。

    • 山吹色さん

      はじめまして。
      コメントありがとうございます♪
      応援感謝いたします!
      また見に来てくださいねー。

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く