絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

めくって開いてたかーいたかい アイデア楽しい仕掛け絵本『パパ、お月さまとって!』

絵本「パパ、お月さまとって!」の表紙

出典:エリック・カール『パパ、お月さまとって!』/偕成社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『パパ、お月さまとって!』のご紹介です。

「絵本の魔術師」エリック・カールの楽しいアイデアがつまった1冊。
娘にせがまれたお父さんが、長い長いはしごをかけて、お月さまをとりにいきます。

内容に合わせて、絵本が上下左右に開く仕掛けは迫力満点!
深く鮮やかな色彩が美しいロングセラー絵本です。     

絵本『パパ、お月さまとって!』の情報

原題:Papa, Please Get the Moon for Me
著者:エリック・カール/作 もり ひさし/訳
出版社:偕成社
出版年:1986年12月
ページ数:43ページ
対象年齢:3歳から

『パパ、お月さまとって!』のあらすじ

ある晩、モニカはお月様と遊びたくなりました。
とても近くに見えるのに、体をいっぱい伸ばしてもお月さまには届きません。

「パパ、お月さま とって!」

娘にお願いされたパパは、ながーいながい梯子を持ってきて。
そして、たかーいたかい山のてっぺんに梯子を立てて、お月さまへとのぼっていきます。

1番上まできたパパは、お月さまを持って帰ろうとします。 
だけど、ちょっと大きすぎて運べません。

するとお月さまが言います。

「わたしは まいばん すこしずつ ちいさくなっていくんですよ。
ちょうどよい おおきさになったとき、つれていってくださいな」

そしてお月さまは、だんだん小さく、小さくなっていきました。
運べるくらいの大きさになったところで、持って帰り、娘にプレゼント。

跳んだり踊ったり、抱きしめたり、高く投げたり。
モニカは、お月さまと遊ぶことができて大喜び!

だけど遊んでいるあいだも、お月さまは少しずつ小さくなりつづけて……

絵本「パパ、お月さまとって!」の中身その1出典:エリック・カール『パパ、お月さまとって!』/偕成社

絵本『パパ、お月さまとって!』の内容と感想

パパとして、子どものおねだりは応えたいですよね。
どんなわがままなお願いだって聞いてあげたいのが親心。

だって、かっこいいパパだって思われたいですもん。
「パパ、すご~い!」って言われたい!

そして、そんな娘の無茶ぶりにとことん応えてあげたのが今回の絵本。
娘に月をせがまれたパパは、ほんとうにお月さまををつれてきちゃいました。

「絵本の魔術師」といわれるエリック・カールさんらしい、色彩豊かな深いイラストのアイデア絵本。

なんといっても見どころは、ページが開く楽しい仕掛け!
ながーい梯子を持ってくる場面では、ページが左右に広がります。

梯子をのぼると上に開き、梯子をおりると下に開く。
そして大きなお月さまがドドンっと描かれるシーンでは、上下左右に広がり絵本が一回り大きくなるんです。

この、絵本の常識をやぶるスケール感はすごいインパクト!
大型絵本の『ビッグブック パパ、お月さまとって!』もあって、そちらはさらに迫力満点。

ワクワク感や親の愛情、そして自然の美しさがつまった、楽しい仕掛け絵本です。

受賞歴
・ボローニャ国際児童図書展 エルバ賞推薦

絵本「パパ、お月さまとって!」の中身その2出典:エリック・カール『パパ、お月さまとって!』/偕成社

お月さまとって!

絵本を読みはじめてすぐに「わかるわかる!」って、なったのが、この『パパ、お月さまとって!』

だってね、たしかにお月さまって手が届きそうなんですよ。
絵本のモニカみたいに、体をいっぱい伸ばしてみたりしてね。

なのにぜんぜん届かない!

お月さまのほうに歩いていってもダメ。
2階のベランダにのぼってみてもダメ。

近づいていってもちっとも近づかないんです。

お月さまってほんとに不思議。
あんなに近くにみえるのに!

追いかけても届かない。
掴めそうなのに掴めない。

だけど考えてみたらさ、ぼくらの人生って、まるでお月さまみたいなものだよね。

ずーっと何かを追いかけていて。
すぐ手が届きそうなのに、いつまでも掴めなくて。

でもほんとは、いつもすぐそばにあったりするんだろうけどさ。
遠くばかりみているだけじゃ、見過ごしちゃうね。

追いかけることに疲れたら、立ち止まってみたらいいんじゃないかな。

それでもダメならパパにお願いしちゃえばいいんだから。
「お月さま とって!」ってね!

以上、めくって開いてたかーいたかい アイデア楽しい仕掛け絵本『パパ、お月さまとって!』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら いいね! してみよう

この記事が気に入ったら
 いいね! してみよう

シェアするツイートするブログの更新をプッシュ通知で受け取る

コメントを書く

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOKでコメントを書く