絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

子どものすこやかな成長と幸せを願う 母の愛に満ちた絵本『おかあさんはね』

絵本「おかあさんはね」の表紙出典:エイミー・クラウス・ローゼンタール,トム・リヒテンヘルド『おかあさんはね』/マイクロマガジン社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『おかあさんはね』のご紹介です。

母から子への、伝えたい言葉の贈りもの。
親なら誰しもが思うような願いの数々。

そんな溢れんばかりの愛がつまった1冊。
子どもを持つすべての人が共感できること間違いなし!

わが子のすこやかな成長と幸せを願う思い。
母の愛に満ちた、あたたかい絵本です。

スポンサードリンク

絵本『おかあさんはね』の情報

原題:I Wish You More
著者:エイミー・クラウス・ローゼンタール/作 トム・リヒテンヘルド/絵 高橋 久美子/訳
出版社:マイクロマガジン社
出版年:2017年5月
ページ数:34ページ
対象年齢:5歳から

『おかあさんはね』のあらすじ

母親が大切なわが子を思い、願いを込める。
ときどき風に向かってお願いします。

あなたが泣いたりせずに今日も笑っていられますように。
もっとちょうだいよりも、どうぞって言えるやさしい子になりますように。

そしてときどき空にもお願いします。

あなたがひとりぼっちじゃなく、みんなで力を合わせられますように。
悲しいとき「だいじょうぶだよ」って言ってくれるお友だちがそばにいますように。

子どものすこやかな成長を願い、幸せな未来を願う。

大丈夫、大丈夫、失敗したらもう1度がんばればいい。
むつかしいことも、いつかへっちゃらになるから。

届いてほしい、いつまでも変わらぬ母の愛。

どこにいてもあなたを見守っているよ。
いつまでも、いつまでも……

絵本「おかあさんはね」の中身その1出典:エイミー・クラウス・ローゼンタール,トム・リヒテンヘルド『おかあさんはね』/マイクロマガジン社

絵本『おかあさんはね』の内容と感想

わが子への願いであふれた母からの、言葉の贈りもの。
子どもに伝えたい、親の思いを代弁してくれているような絵本です。

「いつも笑顔でいてほしい」
「やさしい子に成長してほしい」

そんな、親なら誰もが抱くような切なる願い。

「あなたのことが大好き」
「いつも見守っているよ」

子どもに向けた愛情のこもった、たくさんの言葉。
まるで絵本のなかから愛情があふれでだしてくるようです。

明るく爽やかな色づかいと、やさしいタッチのイラストが内容にもぴったり。
読む人の心を、あたたかい気持ちにさせてくれます。

全米でベストセラーとなり、世界10か国以上で翻訳されている大人気の1冊。

愛する子どもに、毎日でも読み聞かせた上げてほしい。
子どものすこやかな成長と幸せを願う、母の愛に満ちた絵本です。

絵本「おかあさんはね」の中身その2出典:エイミー・クラウス・ローゼンタール,トム・リヒテンヘルド『おかあさんはね』/マイクロマガジン社

願いの言葉

みなさんは、子どもにどんなことを願いましたか?
その思いを名前に込めた、なんて人も多いのかもしれませんね。

こんなふうに育ってほしい。
こんな大人に成長してほしい。

きっと親なら誰もが願い、子どもの未来に思いをはせるんじゃないのかな。
絵本のなかのお母さんのように、やさしい気持ちで。

まあ、言いだせばきりがないのかもしれないけどさ。
だけどついついよくばって、いろいろお願いしちゃうよね。

だって幸せになってほしいから。

ぼくの場合は、いたってシンプルなお願い。
ただ笑って過ごしてほしい、ということ。

もちろん楽しいことばかりじゃないだろうけどね。

それでも、人生をめいっぱい楽しんでほしい。
生きることをとことん謳歌してほしい。

自分もまわりも、笑顔にできるような人になってほしいんだ。
笑顔があるということは、そこに「楽しい」や「幸せ」があると思うから。

以上、子どものすこやかな成長と幸せを願う 母の愛に満ちた絵本『おかあさんはね』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く