絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

子どもがお風呂好きになるかも!? 動物たちとのふれあいを描いた空想絵本『おふろだいすき』

絵本「おふろだいすき」の表紙出典:松岡 享子,林 明子『おふろだいすき』/福音館書店

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『おふろだいすき』のご紹介です。

お風呂場で繰りひろげられる、男の子と動物たちのふれあい。
子どもの空想の世界を描いたファンタジー絵本。

体を洗ってもらって、お湯につかって。
どの動物もほんとに気持ちがよさそう!

ゆっくりお風呂につかりたくなるような楽し気な1冊です。

スポンサードリンク

絵本『おふろだいすき』の情報

著者:松岡 享子/作 林 明子/絵
出版社:福音館書店
出版年:1982年4月
ページ数:40ページ
対象年齢:4歳から

『おふろだいすき』のあらすじ

お風呂が大好きな男の子のまこちゃん。
今日もアヒルの人形プッカと一緒にお風呂に入ります。

まこちゃんが体を洗っていると、湯船で遊んでいたプッカがお湯にもぐって……

浮いてきたと思ったら、大きなカメもついてきた!
そしてにうしろを振り向くと、そこには双子のペンギン兄弟も。

さらに茶色の岩みたいなオットセイが、ぱくっと石けんを飲みこんだ。
オットセイの口から小さなシャボン玉がたくさん出てきたよ。

そのうちのひとつを鼻の頭にのせて、だんだん大きくなって……
そして突然、パーンと、大きな音がして割れちゃった。

するとうしろのほうで、驚いたカバがお湯のなかから顔をだしてきた。
きれい好きなカバは、まこちゃんに体を洗ってとお願いします。

お次はクジラがでてきて、シャワーで泡を洗い流したら……
みんなでお湯にはいって、肩までつかって50数えよう!

1、2、3……と順番に数えて、最後はクジラが大きな声で「50ッ!」

その声をきいてお母さんがやったきたよ。
さあ、動物たちはどうした……?

絵本「おふろだいすき」の中身その1出典:松岡 享子,林 明子『おふろだいすき』/福音館書店

絵本『おふろだいすき』の内容と感想

福音館書店「日本傑作絵本シリーズ」の1冊。

お風呂場での、男の子と動物たちの楽し気なひととき。
現実なのか空想なのか、次々に動物たちが登場します。

体のサイズもどんどん大きくなって、最後はお家の湯船にクジラまで!

だけど、どの動物たちも個性的でチャーミング。
立ち上る湯気や泡、お湯につかる姿がなんとも気持ちよさそうですね。

とくにカバが体を洗ってもらっているときの顔なんて、最高に幸せそう!

耳のうしろも忘れずに。
足の指もきれいにね。

体を洗うとき注意してほしいポイントもしっかり押さえてくれています。
絵本をとおして子どもに学んでもらえる、ママやパパのつよーい味方ですよ。

発行部数は118万部のミリオンセラー作品。(※トーハン「ミリオンぶっく2017年版」より)

お風呂を嫌がる子どもも、お風呂が好きになってくれるかも!?
ゆっくりお風呂につかりたくなるような楽し気な1冊です。

絵本「おふろだいすき」の中身その2出典:松岡 享子,林 明子『おふろだいすき』/福音館書店

きみもおふろがすきですか?

みなさんはお風呂って好きですか?

正直いって、ぼくはあんまり得意じゃない。
つい面倒に感じちゃって、普段からシャワーで済ましちゃうことも多いかな。

だけどもしも、絵本みたいに動物たちが出てきたら話は別ですよ。
だって楽しくないはずがないですもんね!

もう想像するだけでワクワクしちゃいませんか!?

年甲斐もなくペンギンとすべりっこしたりしてみたいなあ。
きっと何時間でもお風呂入っていられそうですよね。

それにね、自分の体を洗うよりもぜひ動物たちの体を洗ってあげたい。
あの気持ちよさそうなカバの表情を目の前で見られるなんてすごい贅沢!

よーし、今日はひさしぶりにゆっくりと、お風呂につかってみようかな。
動物たちの空想にひたって、のぼせないように気をつけないと。

以上、子どもがお風呂好きになるかも!? 動物たちとのふれあいを描いた空想絵本『おふろだいすき』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く