絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

得意なことを活かせばいい! 働く車たちの傑作絵本『しょうぼうじどうしゃじぷた』

2017年3月6日

絵本「しょうぼうじどうしゃじぷた」の表紙

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『しょうぼうじどうしゃじぷた』のご紹介です。

子どもの大好きな「働く車」をモチーフにした絵本。

いつもはみんなからバカにされるちびっこ消防車。
そんなのじぷたが、自分の持ち味を活かして大活躍するお話です。

「だれにでだって得意なことはある」
「どこかに活躍できる場所がある」

そんなメッセージが込められた素敵な物語。

50年以上も変わらずに愛され続けるロングセラー。
子どもたちに大人気の乗り物絵本です。

絵本の情報

著者:渡辺 茂男/作 山本 忠敬/絵
出版社:福音館書店
出版年:1966年6月
ページ数:28ページ
対象年齢:4歳から

あらすじ

ある町の消防署に、はしご車ののっぽくんと、高圧車のばんぷくんと、救急車のいちもくさんがいました。
火事が起こると、大きくて立派なみんなは大活躍するのです。

そんな消防署のすみっこに、古いジープを改良したちびっこ消防車のじぷたがいました。
じぷたは働き者だけど、小さいので出動するのはボヤの時だけ。

町の子どもたちは、活躍する3台のばかりに注目して、小さくて地味なじぷたには見向きもしません。
みんなじぷたを馬鹿にしていて、じぷたは悲しい思いをしていました。

ある日、隣村から出動要請が入ります。
山小屋が火事になってしまい、早く消さないと山火事になってしまいます。

だけど山の上まではしご車では届きません。
高圧車は細い道を通れず、救急車もまだ必要ありません。

署長さんはじぷたの方に目を向けます。
「よし、じぷただ。たのむぞ!」

さあ、じぷたの大活躍のはじまりです。

絵本「しょうぼうじどうしゃじぷた」の中身その1

内容と感想

子どもたちの大好きな「働く車」をモチーフに描きつつ。
届けたい優しいメッセージがきちんと込められている。

楽しみながら心を育てる、まるで絵本の見本のような作品です。

大きくないし、長いはしごもないし、ケガをした人を運ぶこともできません。
だけどそんなじぷたにしかできないことがあるんですね。

狭い道も険しい山道も、いつもは笑われていた小ささがプラスになる。

だれにでも得意、不得意はあるものですから。
長所や短所なんて、状況が変われば逆転することだってありますもんね。

光が当たらなくともずっと真面目にがんばってきた。
そんなじぷただからこそチャンスを活かせたんです。

けっして子どもだけの絵本ではなく、大人になっても読んでほしい傑作絵本。
読み聞かせをとおして一緒になって楽しんでほしい1冊です。

発行部数は200万部を超えるダブルミリオン。
2004年には「Jeeper the Fire Engine」というタイトルで英語版にも翻訳されています。

受賞歴
・全国学校図書館協議会選定「必読図書」

絵本「しょうぼうじどうしゃじぷた」の中身その2

「ナンバーワン」ではなく「オンリーワン」

ぼくたちはつい比べる必要のないものを比較してしまう。

だれが1番だとか
だれがだれより優れているだとか。

勝手に順位をつけて、意味のない勝ち負けを争ったりして。
ただ違いがあるだけ、上も下もないもないのにね。

目立つところ、わかりやすいところにばかり注目が集まってしまうけれど。
それぞれ力を発揮できる場面が違うだけなんですよね。

のっぽくんに、ばんぷくん、いちもくさんばかりが評価されがちだけど。
じぷたのように活躍できる場面がちゃんと用意されている。

比較して優劣をつける必要なんてなくて。
みんなで協力して、足りないところを補い合えばいいんだから。

たくさんのことができるとか。
他より多く持っているとか。

そんなことで人の価値は決まらない。

だれかを貶めたりしなくていい。
自分を嫌いになんてならなくていい。

いつか輝ける場所が見つかるよ。
じぷたみたいに自分を誇れる日がきっと来るから。

みんな違ってみんないいんだからね。

以上、得意なことを活かせばいい! 働く車たちの傑作絵本『しょうぼうじどうしゃじぷた』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く