絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

パンもカラスも盛りだくさん!ロングセラーの人気絵本『からすのパンやさん』

絵本「からすのパンやさん」の表紙

出典:かこ さとし『からすのパンやさん』/偕成社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『からすのパンやさん』のご紹介です。

たくさん並んだおいしそうなパンにワクワク!
そして、後半のカラスの大群に大興奮!!

みるたびに新しい発見を与えてくれる、とっても魅力的な1冊です。

ロングセラーの人気絵本。
カラスたちのにぎやかな暮らしをお楽しみください♪

絵本『からすのパンやさん』の情報

著者:かこ さとし/作
出版社:偕成社
出版年:1973年9月
ページ数:32ページ
対象年齢:4歳から

『からすのパンやさん』のあらすじ

カラスの町「いずみがもり」のくろもじ3丁目の角にある、からすのパンやさん。
その、からすのパンやさんのうちに、4羽の赤ちゃん生まれました。

毛色からとって、それぞれオモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃん、チョコちゃんと名付けられた子どもたち。

パン屋のおとうさんとおかあさんは朝早くからせっせと働きます。
だけど赤ちゃんが泣きだすと、飛んでいって世話をするため、パンは黒こげ、半焼き。

お店も散らかったままになり、お客さんが減ってだんだん貧乏に……

それでも4羽はどんどん大きくなり、売れないこげたパンや半焼きパンがおやつになりました。
すると子どもたちの間で、このおやつパンが評判になったのです。

そして子どもたちの意見を取り入れて、変わった形の楽しい、おいしいパンをどっさり、たくさんつくりました!

それを聞きつけた子どもたちが、パン屋を目指して大急ぎ!
騒ぎをみて何事かとおじいさん、おばあさんも。

そしてなぜか消防自動車に救急車、警官やテレビのカメラマンまで。
たちまち森中のカラスたちがやってきて大騒ぎに……

絵本「からすのパンやさん」の中身その1出典:かこ さとし『からすのパンやさん』/偕成社

絵本『からすのパンやさん』の内容と感想

かこさとしさんの「おはなしのほん」シリーズの1作。

カラスの町のカラスのパンやさん。
子育てに追われて仕事が後回しになってしまい、お客さんが離れていってしまいます。

だけど子どもたちの協力もあって、街で評判の立派なパン屋さんに生まれ変わります。

40年以上愛され続けるロングセラー。
絵本のなかから香ばしいパンのにおいがしてきそうな、おいしい1冊です!

読み終えるころには無性にパンが食べたくなりますよ♪

なんといってもみどころは、変わった形のパンがたっくさん並ぶ場面!
総勢84種類のパンが所狭しと、見開きいっぱいに広がります。

かめパンやスターパン、ぼうしパンぐらいなら実際にありそう。
だけど、かびんパン、てんぐパン、サボテンパンなんてすごい斬新!

もうみているだけでワクワクと、楽しい気分になりますね。
いくらでもながめていられそうです。

そしてもうひとつの見せ場は、大勢のカラスたちが集まってテンヤワンヤの大騒ぎ。

1羽1羽がそれぞれ個性的で、服装なんかも描き分けられています。
買い物中、農作業、結婚式中のカラスまでいて、いろいろ想像しちゃいますね。

読み聞かせでは、たくさんのパンやカラスを指差しながら子どもと一緒に楽しんでください!

ちなみに『からすのパンやさん』に登場するパンのつくり方を紹介した『絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!』なんて本もありますよ。

気になる方は挑戦してみてはいかがですか。

発行部数は234万部のミリオンセラー作品(※トーハン「ミリオンぶっく2017年版」より)
世代を超えて読まれている大人気の1冊です。

続編・シリーズ作品

  1. からすのおかしやさん(2013年4月)
  2. からすのやおややさん(2013年4月)
  3. からすのそばややさん(2013年5月)
  4. からすのてんぷらやさん(2013年5月)
絵本「からすのパンやさん」の中身その2出典:かこ さとし『からすのパンやさん』/偕成社

からすのパンやさんを見習いたい

いやはや子育てとは大変なものですよね。
それこそ、自営業の共働きで4つ子なんて生まれた日にはもう非常事態。

赤ちゃんのお世話で仕事がうまく回らなくても仕方がないですよ。

それでもカラスのお父さんもお母さんも偉い!
普通ならやる気をなくしてしまいそうな状況なのに。

それでも自分たちにできることを精一杯続けていく
腐らずにパン屋の仕事を着実にこなしていく。

だからこそあんなに素敵なパンができあがったんですよね。

それにね、大勢のお客さんへの対応も臨機応変ですばらしいのひとこと。

ぼくならきっと「どうしよう」とパニックになってしまうところです。
それを機転を利かして、色違いの風車を使うなんてカッコいい!

ほんと、からすのパンやさんからは見習うところがたくさんあります。

落ち込んでたって仕方がない
困っていたって何も解決しない

人生に問題はつきものですんもんね。
だけど解けない問題はないんだから。

何がができるか、どうすればいいか。
大切なのは前向きに考えて行動していくこと。

むずかしい問題ほど解決できたら気持ちがいい!

それにさ、ピンチはチャンスになるんだから。
からすのパンやさんみたいにね。

以上、パンもカラスも盛りだくさん!ロングセラーの人気絵本『からすのパンやさん』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く