絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

天使が届ける「個性」のプレゼント 貼り絵絵本『かみさまからのおくりもの』

絵本「かみさまからのおくりもの」の表紙出典:ひぐち みちこ『かみさまからのおくりもの』/こぐま社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『かみさまからのおくりもの』のご紹介です。

赤ちゃんの誕生すると、神さまが一人ひとりに「個性」という名の贈りもの。
天使が赤ちゃんのもとへプレゼントを届けます。

「みんなそれぞれ違いがあっていい」
そんなメッセージを語りかけてくれるようで、心があたたまります。

子育てに悩んでいるママやパパ。
お友だちと自分を比べて悩んでいる子どもたちにも読んでほしい1冊。

出産祝いのプレゼントとしても人気の絵本です。

絵本『かみさまからのおくりもの』の情報

著者:ひぐち みちこ/作
出版社:こぐま社
出版年:1984年9月
ページ数:28ページ
対象年齢:3歳から

『かみさまからのおくりもの』のあらすじ

赤ちゃんが生まれるとき、神さまは一人ひとりに贈りものをプレゼント。
そして、その神さまからの贈りものは、天使が運んできます。

「ほぎゃあ ほぎゃあ ほぎゃあ」
まさに今、5人の赤ちゃんが生まれました。

天使が赤ちゃんのもとへ贈りものを届けます。

ほっぺの赤い赤ちゃんには「よくわらう」
大きい赤ちゃんには「ちからもち」

泣いている赤ちゃんには「うたがすき」
よく動く赤ちゃんには「よく たべる」

すやすや寝ている赤ちゃんには「やさしい」

それぞれ神様からの贈りものを受け取った赤ちゃんたち。
みんなは個性を持ってスクスク成長しました。

「かみさま すてきなおくりものを ありがとう」

絵本「かみさまからのおくりもの」の中身その1出典:ひぐち みちこ『かみさまからのおくりもの』/こぐま社

絵本『かみさまからのおくりもの』の内容と感想

神さまからの贈りもの。
それは赤ちゃん一人ひとりへの「個性」のプレゼント。

それぞれ与えられた「その子らしさ」で元気に成長していく。
「みんな違いがあっていいんだよ」というメッセージに勇気をもらえます。

子どもを育てていると、どうしても他の子と比べたり、ちゃんとできているか不安になってしまいますよね。

「みんなできているのに、うちの子だけ……」
「自分の育て方が間違っているんだろうか」

そんなふうに焦ったり、イライラしちゃったりしてね。
でもね、追い込んだり、羨んだりする必要なんてない。

「心配しなくて大丈夫だよ」
絵本のなかから、そう語りかけてくれているようでやさしい気持ちになれます。

「できないことがあってもいいんだ」
「自分の得意なことを活かせばいいんだよ」

絵本のメッセージは、読み聞かせてもらった子どもにも伝わるはずです。
貼り絵で描かれたイラストが、よりいっそうあたたかみを感じさせますね。

親子でゆっくりと読んでほしい1冊。
出産祝いのプレゼントとしてもおすすめの、ロングセラー絵本です。

受賞歴
・全国学校図書館協議会選定図書

絵本「かみさまからのおくりもの」の中身その2出典:ひぐち みちこ『かみさまからのおくりもの』/こぐま社

みんな違って、みんないい

みなさんは、わが子にどんなふうに成長してほしいと願いますか?

まわりに自慢できるような立派な子?
それとも、やさしくて気が利く子?

親として「こうなってほしい」と望むのは当然のことですよね。
だって幸せになってほしいから。

だからかな、つい厳しくなったりして。
他の子と比べてガミガミと小言をこぼしてしまったりね。

だけどね、親の役目は子どもの生き方を決めることではなく、子どもの生き方を応援してあげること。

「そんなんじゃダメ」
「言うとおりにしなさい」

そうやって価値観を押し付けるのは親のエゴでしかない。
それぞれある個性を生かしてあげる方がずっと大事なんです。

認めてあげること。
受け止めてあげること。

他人と比較する必要なんてないし、誰かが決めた「普通」なんかにとらわれなくてもいいんだよ。

できないことがあったっていい。
足りないものがあったっていい。

誰だって、ありのままで幸せになることはできるから。
幸せになる権利は、みんなはじめから与えられているんだからさ。

以上、天使が届ける「個性」のプレゼント 貼り絵絵本『かみさまからのおくりもの』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら いいね! してみよう

この記事が気に入ったら
 いいね! してみよう

シェアするツイートするブログの更新をプッシュ通知で受け取る

コメントを書く

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

FACEBOOKでコメントを書く