絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

みどりになっちゃった!?絵本作家レオ・レオニのデビュー作『あおくんときいろちゃん』

絵本「あおくんときいろちゃん」の表紙

出典:レオ・レオニ『あおくんときいろちゃん』/至光社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『あおくんときいろちゃん』のご紹介です。

絵本作家レオ・レオニのデビュー作。
自身の孫のためにつくった、ぬくもり溢れる1冊です。

なんといっても挿絵がちょっと特徴的。
イラストがすべて、絵の具を垂らしたような点や模様だけで描かれた絵本なんです。

そして主人公の、あおくんときいろちゃんは、ちぎった紙を貼りつけたような「まる」
シンプルながら大人も子どもも楽しめる内容。

長い間ずっと愛されている、想像力を育むロングセラー絵本です。

絵本『あおくんときいろちゃん』の情報

原題:Little Blue and Little Yellow
著者:レオ・レオニ/作 藤田 圭雄/訳
出版社:至光社
出版年:1967年
ページ数:39ページ
おすすめ対象年齢:2歳3歳
読み聞かせ:2歳から

『あおくんときいろちゃん』のあらすじ

あおくんと、きいろちゃんはとっても仲よし。
お友達もたくさんいます。

かくれんぼしたり、飛んだり跳ねたり。
みんなで仲よく遊びます。

ある日、あおくんはママからお留守番をお願いされます。
だけどあおくんは、きいろちゃんと遊びたくて、お出かけしてしまいました。

お家に行っても、きいろちゃんはお留守です。
きいろちゃんは、どこだろう?

あちこち探して、ようやく町でばったり。
うれしくて、うれしくて、ひっついたらみどりになっちゃった!

そのまま2人は公園に遊びに行きます。
トンネルくぐりをしたり、おれんじちゃんと追っかけっこしたり。

いっぱい遊んで、あーくたびれた。

あおくんのお家に帰ると、パパとママは言いました。
「おや この みどりのこ うちの あおくんじゃないよ」

きいろちゃんのおうちでも、パパとママは言いました。
「おや この みどりのこ うちの きいろちゃんじゃないよ」

2人は悲しくなって泣いて泣いて、ぜんぶ涙になってしましました……
さて、あおくんときいろちゃんは、お家に帰ることができるかな……?

絵本「あおくんときいろちゃん」の中身その1出典:レオ・レオニ『あおくんときいろちゃん』/至光社

絵本『あおくんときいろちゃん』の内容と感想

『スイミー』などで知られるアメリカを代表するアーティスト、レオ・レオニの絵本作家としてのデビュー作。

仲良しな、あおくんときいろちゃんのお話です。
シンプルながら、子どもたちが共感できる楽しいストーリーですよね。

と、思いきや、ちょっと待って!
この絵本、なんだか違和感がないですか?

そうなんです、よくみると挿絵がちょっと特徴的です。
イラストがすべて、絵の具を垂らしたような点や模様だけで描かれた絵本なんです。

そして主人公は擬人化された「色」
しかも、ただちぎった紙を貼りつけたような「まる」

その青や黄色のまるが、生き生きと動きまわります。
読みおわるころには、ちゃんと意思を持つ生き物のように見えるから不思議。

こんなにシンプルな絵で、これほどしっかりした物語ができるんだから驚きですね。

実はこの絵本、作者のレオ・レオニが孫のためにつくった作品なんです。
絵本につくろうとしたわけなくて、子どもを喜ばせようとしたら偶然できた絵本なんだそう。

『あおくんときいろちゃん』が、子どもたちに愛されるのも納得ですね。
読み聞かせでは、想像力をふくらませて大人も一緒に楽しめます。

「色が重なると、違う色になる」
大人にとっては当たり前なんですが、子どもからすれば不思議に感じるみたい。

青と黄色で緑になる。
ちょっとした調色のお勉強にもなりますよ。

古典とも言えるロングセラー。
世界中の子どもたちから親しまれている名作絵本です。

受賞歴
・ニューヨーク・タイムズ紙 絵本ベスト賞

絵本「あおくんときいろちゃん」の中身その2出典:レオ・レオニ『あおくんときいろちゃん』/至光社

新しい「色」がつくる可能性

「朱に交われば赤くなる」なんて、ことわざもあるけどさ。
あおくんときいろちゃんは、交わってみどりになっちゃった!

人と人とが交わって異なる色になる。
違う誰かと影響を与えあって、新しい色をつくる。

「十人十色」
一人ひとり違う色同士が重なって、11色でも20色にでもなれるだよね!

これって、とっても素敵なことだと思いませんか?

ひとりではできないことも、2人だとできる。
さらに3人なら、もっと大きなことができたりする。

人とのつながりって、可能性を広げてくれるんですよね。
交わること、変わることって大事なことなんです。

でもさ、「変わる」って、ちょっとこわいと思う部分もあったりして。
だって、今の自分じゃなくなってしまいそうだから。

みどりになって、パパとママから分かってもらえなかった、あおくんときいろちゃんみたいにね。

だけどね、変化をおそれてちゃ何もはじまらない。
それにさ、ぼくたちはひとりじゃ生きていけないから。

誰かとつながりたいって欲求は、我慢なんてできないよね。

以上、みどりになっちゃった!? 絵本作家レオ・レオニのデビュー作『あおくんときいろちゃん』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く