絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

最高にすてきなめぐり逢い 美しい夜の出会いを描いた絵本『ぼくのともだち おつきさま』

絵本「ぼくのともだち おつきさま」の表紙

出典:アンドレ・ダーハン,きたやまようこ『ぼくのともだち おつきさま』/講談社

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『ぼくのともだち おつきさま』のご紹介です。

夜のまんなかで出会った「きみ」と「ぼく」
おつきさまと主人公の友情を描いた幻想的な作品。

「めぐり逢いってすてきだな」
そんな思いに駆られる、美しい夜の物語。

大切なひとに贈りたい、珠玉の1冊です。

絵本『ぼくのともだち おつきさま』の情報

原題:Mon amie la Lune
著者:アンドレ・ダーハン/作 きたやまようこ/訳
出版社:講談社
出版年:1999年6月
ページ数:27ページ
対象年齢:5歳から

『ぼくのともだち おつきさま』のあらすじ

夜のまんなか。
漕ぎ出したボートの上を見上げると、そこに思いがけない出会い。

三日月のおつきさま。
気がつくと、きみがいた……

「こんばんは」
声をかけて、2人はすっかり仲よしに。

一緒にいるだけでうれしくて、あっというまに時間がすぎて。
遊んだり、はしゃいだり、2人は楽しい時間を過ごします。

おつきさまがみえなくなる夜明け前。
興奮して湖に落ちてしまった、おつきさまを抱えて「ぼく」のうちへ。

一緒に歌い、ピアノを弾き、ワルツを踊り。
そして、「ぼく」の好きな本を読み、食事をして、眠りにつく。

昼のなると「ぼく」はもうひとりの友だちにも出会います。

出会いってすてきだね。
最高に素敵なめぐりあい。

絵本「ぼくのともだち おつきさま」の中身その1出典:アンドレ・ダーハン,きたやまようこ『ぼくのともだち おつきさま』/講談社

絵本『ぼくのともだち おつきさま』の内容と感想

夜のまんなかで「ぼく」が出会ったのは「おつきさま」
そこからはじまる、心にしみる美しい物語。

2人の友情を描いたファンタジー絵本です。

詩的でどことなく大人っぽい雰囲気がただよう作品。
語りかける言葉はまるでラブレターのようですね。

眠れない夜に、ふと思いだして読みたくなる1冊です。

思いがけない出会いをした「おつきさま」と「ぼく」
仲よくなるのに理由や時間は必要ありませんからね。

「こんばんは」
そんな月並みな挨拶からはじまった関係だけど、2人あっというまに親友みたい。

彼らはほんとうにとっても楽しそう!
みているこっちまで、なんだかあたたかい気持ちにさせてくれます。

さらに、そこから次の出会いが生まれるのも、また素敵。

おひさまに対して、おつきさまをどんなふうに紹介するのだろう?
そんなことを考える、ちょっとおかしな気がしますよね。

そして最後に3人でテーブルをかこんでお茶をのむ場面。
「ぼく」の向かい側は空いていて、まるで自分もその輪のなかにいたみたいな、不思議な読後感を味わえます。

心がぽかぽかとしてくるような、幸せな時間を運んでくれる絵本です。

受賞歴

  • 全国学校図書館協議会選定図書
  • 日本図書館協会選定図書
  • 厚生省中央児童福祉審議会推薦

続編・シリーズ作品

  1. おやすみなさいをいうまえに(2002年2月)
  2. もうひとりのともだち(2002年7月)
絵本「ぼくのともだち おつきさま」の中身その2出典:アンドレ・ダーハン,きたやまようこ『ぼくのともだち おつきさま』/講談社

みんな友だち、すてきな出会い

お月さまと友だちになった「ぼく」が、お日さまとも友だちになる。
そしてその、お月さまとお日さまが友だちになる。

お月さまとお日さまが、友だと同士で仲よくしているなんてさ。
その光景はなんだか不思議な感じがするけどね。

だって昼と夜が向かいあってお話しているんだから。

あいさつは「こんにちは」かな?
それとも「こんばんは」なのかな?

だけど全然おかしくなんかないよね。
友だちの友だちも、また友だちなんだから。

友だちと友だちがつながって「友だちの輪」がひろがっていく。
普段なら接点のない人同士が「友だちの輪」でつながっていく。

出会いが出会いを呼び、世代も国境も越えてふくらんでいくんだ!

みんな一緒のほうがきっと楽しいもんね。
絵本のお月さまたちみたいにさ。

以上、最高にすてきなめぐり逢い 美しい夜の友情を描いた絵本『ぼくのともだち おつきさま』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く