絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

女の子の小さな大冒険 子どもの心をとらえたロングセラー絵本『はじめてのおつかい』

絵本「はじめてのおつかい」の表紙出典:筒井 頼子,林 明子『はじめてのおつかい』/福音館書店

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『はじめてのおつかい』のご紹介です。

みいちゃんがママから、はじめてのおつかいをお願いされます。
不安や緊張、小さな女の子の心の動きを鮮やかに描いた作品。

子どもはみいちゃんに感情移入して、ドキドキワクワク!
大人は見守るママの気分で、ハラハラドキドキ!

親子で読んでも楽しめる大人気の1冊。
長く読み継がれているロングセラー絵本です。

絵本『はじめてのおつかい』の情報

著者:筒井 頼子/作 林 明子/絵
出版社:福音館書店
出版年:1977年4月
ページ数:32ページ
対象年齢:3歳から

『はじめてのおつかい』のあらすじ

女の子の「みいちゃん」はママからおつかいを頼まれます。
ひとりでお出かけなんかはじめてで、ちょっと不安……

だけど大丈夫、みいちゃん、もういつつだもんね。

出発前にママとふたつのお約束。
車に気をつけること、そして、おつりを忘れないこと。

100円玉をふたつ握りしめて、牛乳を買いに、さあ、出発!
ひとりで歩く道はなんだか緊張しちゃう。

「ちりん ちりん」
自転車にベルを鳴らされて「どきん」としたり。

でも目的地はもうすぐ、
坂を越えるとお店があります。

「かけあし どん!」
慌てて転んで100円が転がっちゃった……

なんとかお店についたけど、誰もいないみたいです。

「ぎゅうにゅうください」
小さな声で読んで読んでも、お店の人に気がついてもらえません……

みいちゃんは、ちゃんとおつかいできるかな……?

絵本「はじめてのおつかい」の中身その1出典:筒井 頼子,林 明子『はじめてのおつかい』/福音館書店

絵本『はじめてのおつかい』の内容と感想

福音館書店「こどものとも傑作集」の1冊。
5歳のみいちゃんが、はじめてのおつかいに出かけます。

「あかちゃんの ぎゅうにゅうが ほしいんだけど、まま ちょっといそがしいの。ひとりでかってこられる?」

突然のママからのおつかいのお願い。
はじめての、ひとりでのおつかいに、驚きながらも「うん!」と引き受けます。

任された嬉しさと、はじめてのおつかいにドキドキ。
小さな女の子の、不安や緊張といった心の動きが伝わってきますね。

ようやく牛乳を買えて、我慢していた涙をこぼれるシーンなんかもうダメ……
すっかり感情移入して、こっちまでほんと、グッときちゃいますよ!

それにね、きっとママも心配だったんだろうな。
坂の下まで、赤ちゃんをだっこしてお迎えにきてましたしね。

ママの顔をみたとき、みいちゃんがどれだけ安心したことか。
そんな女の子の心情だけでなく、人々の表情や町のようすが細部まで描きこまれた作品。

そしてそんな中にもたっぷりのあそび心が。

牛乳を買いにきたお店はの名前は、作者からとったであろう筒井商店。
そして店の前の掲示板「えのきょうしつ」 の先生は、はやしあきこ。

その手前にはられている「さがしています」と、迷子のネコ 。
実は絵本のどこかに隠れていますよ。

ヒントは前半です。

発行部数は224万部のダブルミリオンセラー作品(※トーハン「ミリオンぶっく2017年版」より)
1977年の発行以来、40年たっても読まれ続けているのロングセラー絵本です。

受賞歴

  • 日本図書館協会選定図書
  • 厚生省中央児童福祉審議会推薦
絵本「はじめてのおつかい」の中身その2出典:筒井 頼子,林 明子『はじめてのおつかい』/福音館書店

はじめてのおつかい

みなさんは、はじめてのおつかいって何歳ぐらいでしたか?

みいちゃんと同じ5歳ぐらい?
小学生? それとも中学生になってから?

「そんなのもう覚えてない」って人も多いかも。
それでも、きっと誰だって子どものころに経験しているものですよね。

何度もとおった道。
何回も買いにいったお店。

いつもはママやパパと一緒。
だけど今日はひとりぼっち……

いつもの見慣れた道なのに、なんだか違ってみえて。
道が広く長く感じたり、横をとおり過ぎる自転車や車の音が大きく聞こえて。

となりに誰もいない。
ただそれだけなのに、すごく心細く感じてしまうんです。

距離でいえばたいしたことがなくても、小さな子どもにとっては大冒険。

だけどさ、そうやって経験することって大事だから。
外の世界にふれて、自分の力で達成して自信をつけていく。

親としては心配なんだけどね。
信じて見守ってあげるのも親の役目だから。

みいちゃんのママみたいに、ちょっと迎えに行ったりしちゃうけどさ。
帰ってきたら、頑張ったごほうびに、いっぱいほめて「ぎゅっ」と抱きしめてあげてほしいな。

以上、女の子の小さな大冒険 子どもの心をとらえたロングセラー絵本『はじめてのおつかい』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く