絵本さんぽ

〜絵本ソムリエのおすすめ絵本紹介〜

親子のスキンシップにぴったり 大切な人を抱きしめたくなる絵本『ぎゅっ』

絵本「ぎゅっ」の表紙出典:ジェズ・オールバラ『ぎゅっ』/徳間書店

みなさん、こんにちは。
絵本ソムリエのニコパパです。

今日は、絵本『ぎゅっ』のご紹介です。

いろんな動物たちが「ぎゅっ」っと抱き合う、しあわせが詰まった作品。
みんなの豊かな表情は、みているだけで楽しくなります。

親子のスキンシップにぴったり!
おもわず、大切な人を抱きしめたくなるような1冊です。

絵本『ぎゅっ』の情報

原題:HUG
著者:ジェズ・オールバラ/作
出版社:徳間書店
出版年:2000年11月
ページ数:32ページ
対象年齢:1歳から

『ぎゅっ』のあらすじ

子猿のジョジョが森をお散歩していると。

ゾウの親子が「ぎゅっ」
カメレオンの親子も、ヘビの親子も「ぎゅっ」

いろんな動物の親子が「ぎゅっ」っと抱き合っています。
みんなのハグを見ているうちに、だんだんさみしくなってきました……

そんなジョジョをみかねて、ゾウさんが一緒にお散歩してくれることに。
ゾウさんママに乗っかって、お散歩していると。

ライオンの親子が「ぎゅっ」
キリンの親子も「ぎゅっ」

カバの親子もみーんな「ぎゅっ」

幸せそう親子の姿をみているうちに、ママが恋しくなってきたジョジョ。
さみしくなって、とうとう泣き出してしまいます。

まわりの動物も心配して集まってきました。
ジョジョはママと会って「ぎゅっ」て、できるかな……?

絵本「ぎゅっ」の中身その1出典:ジェズ・オールバラ『ぎゅっ』/徳間書店

絵本『ぎゅっ』の内容と感想

ページをめくるたびに、いろんな動物の親子が「ぎゅっ」
読み終わるころには、おもわず大切な人を「ぎゅっ」っと抱きしめたくなるような絵本です。

みどころは何といっても、表情豊かな動物たち!

驚いたり、悲しんだり、心配したり。
ころころ変わる表情は、みていて飽きませんね。

そして「ぎゅっ」としているときの幸せそうな表情!
もうね、絵本をみているだけで、こっちまで幸せな気持ちにさせられます。

でてくる言葉は、ほとんど「ぎゅっ」というセリフのみ。
文章がないので、小さな子どもでも年齢問わず楽しめます。

読み聞かせで「ぎゅっ」にあわせて、子どもを「ぎゅっ」っと抱きしめてあげてください。
親子のスキンシップにもぴったりな1冊。

大切な人へのプレゼントに最適ですよ。

幸せなを分けてもらえるような優しい作品。
おもわず、ぎゅっとしたくなる心あたたまる絵本です。

続編・シリーズ作品

  1. ぎゅっ(2000年11月)
  2. たかい たかい(2006年3月)
  3. やだ!(2007年月4)
絵本「ぎゅっ」の中身その2出典:ジェズ・オールバラ『ぎゅっ』/徳間書店

ぎゅっぎゅっぎゅっ

みんなそれぞれ、いろんな愛情表現の形がありますよね。

言葉で伝える人。
態度でしめす人。

どれが正解、不正解ではなくて。
人によって見た目や性格が違うように、愛情表現も違うだけ。

そのなかでも、ぎゅっと抱きしめられるのは、とって強力。

ふれあう相手のぬくもりを感じることができるから。
そのあたたかさと共に思いが流れ込んでくるような気がするから。

絵本の動物たちのようにさ、幸せな気持ちなれるよね。
「ぎゅっ」っとする方も、される方も、なんだか心が満たされる。

シンプルだけど、すごくパワフルな愛情表現。

だからぼくも、家族に「ぎゅっ」ってしてあげるんだ。
奥さんに、娘に、今日も明日も、毎日だって。

ときどき「やめて」と拒否されることもあるけれど……
めげずに愛情を伝えていこうかな。

以上、親子のスキンシップにぴったり 大切な人を抱きしめたくなる絵本『ぎゅっ』のご紹介でした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!してみよう

Twitter で

コメントを書く

*

FACEBOOKでコメントを書く